[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

notepad.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのソフト「メモ帳」の実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\notepad.exe」と「%systemroot%\notepad.exe」にあるよ

pointスタートメニューに登録されているのは「%systemroot%\system32\notepad.exe」の方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

notepad.exeとは

Windowsに最初からくっついているソフト「メモ帳」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

メモ帳は「Windows付属の簡易テキストエディタ」ね。
テキストエディタは「中身が文字だけのファイルを編集するときに使うソフト」です。

notepad.exe

実行ファイルは「プログラムなファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

notepad.exe2

それを踏まえて、メモ帳の実行ファイルが「notepad.exe」です。
こいつを力いっぱいダブルクリックすると、メモ帳が起動します。

私の環境(Windows 7の64bit版)では「notepad.exe」は以下の場所にありました。

%systemroot%\system32\notepad.exe

%systemroot%\notepad.exe

2つあって、どちらもメモ帳として動きますが、スタートメニューに登録されているのは「%systemroot%\system32」の方の「notepad.exe」です。
「%systemroot%」の方は、どうしてあるのか分かりません。

あるいは、スタートメニューにある「プログラムとファイルの検索」のところで「notepad.exe」もしくは「notepad」と入力しても「notepad.exe」が見つかります。
こちらのやり方で見つかる「notepad.exe」も「%systemroot%\system32」の方の「notepad.exe」です。
やっぱり「%systemroot%」の方がある理由は分かりません。

また「notepad.exeのプロパティ」画面の説明欄には「メモ帳」と書いてありました。
プロパティ画面は「notepad.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

notepad.exe3

そのまんまな説明ですね。

普通にパソコンさんを使っていて「notepad.exe」自体を直接目にする機会は、あまりないはずです。
もし見かけたらご注意ください。

%systemroot%\system32\notepad.exe

以外の場所にある場合はウイルスかもしれません。
念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。
ちなみに

%systemroot%\notepad.exe

は正規のファイルですが、ウィルスの可能性もあるようです。
気になったら、ウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「notepad.exe」って単語が出てきたら「メモ帳の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク