[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.rb【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointRubyのファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.rb【拡張子】とは

Rubyのファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Ruby」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Rubyは「オブジェクト指向スクリプト言語」です。
よく分からなければ(「Ruby on Rails」という名前のフレームワークと併せて)主にWebシステムを作るときに使うプログラミング言語だと思ってください。

.rb

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.rb2

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.rb3

以上を踏まえて、Rubyのファイルに、よく付いている拡張子が「.rb」です。

.rb4

「rb」の読み方については「アールビー」もしくは「ルビー」と読む人が多いと思います。
正式な読み方は、探したのですが見つかりませんでした。

拡張子が「.rb」のファイルは、ただのテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
メモ帳などのテキストエディタ(テキストファイル編集用のソフト)で中を見たり編集したりできます。

楽に編集できるように、いろいろな機能がついた専用のソフトもありますけどね。
その気になればメモ帳でも編集できますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.rb」って拡張子が付いていたら「Rubyのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク