[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

感熱紙

pointこの用語のポイント

point紙だよ

point熱に反応して色が変わるよ

pointレシートとかによく使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

感熱紙とは

レシートに使われている紙のこと。
もう少し正確に書くと

熱に反応して色が変わる紙のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「プリンタ」と「サーマルプリンタ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プリンタは、ざっくり書くと「印刷する機械」です。
「これをちょっくら印刷してよ」とコンピュータさんから指示された内容を、紙やファイル出力するのが、お仕事です。

感熱紙

プリンタは、印刷のやり方によって、いくつかの種類に分類できます。
その分類のひとつで、印刷したい内容を熱でジュッ!って焼き付けるタイプのプリンタを「サーマルプリンタ」と言います。

感熱紙2

「熱でジュッ!」と聞くと物騒に感じるかもしれませんが、そこまでヤバくはありません。
熱で色が変わる紙に焼き付けたり、インクを熱で溶かすことで印刷するプリンタです。

以上を踏まえて、サーマルプリンタとかで使う「熱で色が変わる紙」が「感熱紙(カンネツシ)」です。

感熱紙3

もしかしたら「サーマルプリンタとかで使う紙」と説明するよりも「レシートの紙」と説明した方がイメージしやすいかもしれませんね。
コンビニとかで買い物をしたときにもらえるレシートには感熱紙が使われています。

レシートを爪でガリッ!としたりすると、こすった部分が黒くなりますよね。
あれは摩擦熱が原因で色が変わっているのです。

詳しい仕組みは私も知りませんが、感熱紙も紙自体は普通の紙です。
ただし、表面に特殊な薬品が塗ってあります。
その薬品が加熱されると、薬品の加熱された部分だけ色が変わるそうです。

また、時間が経つと、その薬品は、あーだこーだになります。
その「あーだこーだ」が原因で印字された内容が薄くなってくるのだそうです。

「あーだこーだ」の部分の説明は私も良く知らないので省略します。
「変な化学反応が起こる」もしくは「起こった化学反応(黒くなったの)が戻る」程度に考えてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「感熱紙」って単語が出てきたら「熱に反応して変色する紙なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク