[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

目標復旧時間 (RTO)

pointこの用語のポイント

pointディザスタリカバリ(災害対策)の話で出てくるよ

point「どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ないか」だよ

point災害後、どれくらいの時間で復旧することを目指すかの指針だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

目標復旧時間 (RTO)とは

「どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?」の目安。
別の言い方をすると

災害後、どれくらいの時間で復旧することを目指すかの指針
です。

image piyo

詳しく書くよ

災害後、どれくらい急いで復旧を目指すかの目安が「目標復旧時間」です。
Recovery Time Objective」の頭文字を取って「RTO」とも呼ばれます。

それでは実際に見てみましょう。

よく晴れた、ある日のことです。
ピヨ太君の会社(ぴよぴよカンパニー)に隕石が降ってきました。

目標復旧時間(RTO)

隕石はピヨピヨビルに直撃です。
ぴよぴよカンパニーは、えらいこっちゃな状態になりました。

目標復旧時間(RTO)2

起きてしまったことは仕方がありません。
ピヨ太君はえっちらおっちら、片づけを始めました。

ピヨ太君は結構のんびり屋さんです。
結果、ぴよぴよカンパニーでは災害の後片付けをして再びお仕事をするまで一ヶ月近くかかりました。

でも大丈夫です。

ピヨ太君は元々、一ヶ月に一日しかお仕事していなかったのです。
復旧自体は一ヶ月近くかかりましたが、元々予定していた次のお仕事日にはいつも通りお仕事することができました。

目標復旧時間(RTO)3

また別の日、今度はアクマ君の会社(アックマン株式会社)に隕石が降ってきました。

目標復旧時間(RTO)4

やっぱり隕石は直撃です。
アックマン株式会社は、えらいこっちゃな状態になりました。

目標復旧時間(RTO)5

起きてしまったことは仕方がありません。
アクマ君はえっちらおっちら、片づけを始めました。

アクマ君はがんばり屋さんです。
アックマン株式会社は、たった三日でお仕事を再開できました。

ですが、残念でした。

アックマン株式会社では元々、毎日お仕事していました。
三日間お仕事ができなかったことによって、予定していた三日分の売上が入ってこなかったのです。
お客さまからも「何でもっと早く再開しねーんだよ、ぶーぶー」とお叱りを受けてしまいました。
幸い会社が傾くほどではありませんでしたが、もう少し早く復旧できる体制を整えておいた方が良かったですね。

目標復旧時間(RTO)6

このように、お仕事の内容やその他の要因によって、どれだけ急いで復旧する必要があるかは異なります。
それを分析して作った「どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?」な目安が、目標復旧時間(RTO)です。

ちなみに、目標復旧時間という言葉は、事業継続計画(BCP)ディザスタリカバリ(DR)のお話でよく出てきます。
「事業継続計画(BCP)」は「災害等のなんかヤバいことが起こったときに、どうやって事業を続けるかの計画」ね。
「ディザスタリカバリ(DR)」は「災害対策」です。

この事業継続計画やディザスタリカバリでは、以下の用語がよく登場します。

・いつ時点のデータを復旧できれば何とかなる?(目標復旧時点:RPO
・どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?(目標復旧時間:RTO)
・どの程度のレベルまで復旧するつもり?(目標復旧レベル:RLO
・どれくらいの時間で復旧しないと本気でヤバい?(最大許容停止時間:MTPD


余裕があれば、他の用語も覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「目標復旧時間」って単語が出てきたら「どれくらいの期間で復旧させたいかの目安なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク