[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

事業継続計画 (BCP)

pointこの用語のポイント

point災害とかが起きることを想定して立てる計画だよ

point「どうやって事業を続けるか」が観点だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

事業継続計画 (BCP)とは

災害等のなんかヤバいことが起こったときに対する備えのひとつ
であり

ヤバいことが起こったときに、どうやって事業を続けるかの計画
です。

image piyo

詳しく書くよ

災害や事故、事件、その他もろもろの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な出来事が起こったときに、どうやって事業を続けていくかの計画が「事業継続計画」です。
もう少し大雑把に書くと「もし、なんかヤバいことになったら、どうしようねー?」を考えておくことです。
Business Continuity Plan」の頭文字を取って「BCP」と呼ばれる場合もあります。

事業継続計画(BCP)

あれ?
「災害対策」を意味する「ディザスタリカバリ(DR)」と何が違うのでしょうね?

個人的には、同じようなものだと理解しています。
経営的視点から見たお話の場合は「事業継続計画」で、実務レベルだと「ディザスタリカバリ(災害対策)」なイメージですけどね。
違いや使い分けは、あまり気にしなくて良いと思います。
「BCP/DR」や「BCP・DR」のように併記されている場合も多々あります。

事業継続計画を立てる際には

・いつ時点のデータを復旧できれば何とかなる?(目標復旧時点:RPO
・どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?(目標復旧時間:RTO
・どの程度のレベルまで復旧するつもり?(目標復旧レベル:RLO
・どれくらいの時間で復旧しないと本気でヤバい?(最大許容停止時間:MTPD


の観点から分析を進めるのが基本です。
それぞれの用語の意味については、それぞれの解説をご覧ください。

以上で事業継続計画の説明は終わりですが、ついでなので「コンティンジェンシープラン」にも触れておきますね。

コンティンジェンシープランの意味は「ヤバい事態になったときに(被害を抑えるために)どう対処するかの計画」です。
災害や事故、事件、その他もろもろの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な出来事が起こったときに、どう対処するかの計画です。

事業継続計画(BCP)2

事業継続計画と似ていますよね。
事業継続計画とコンティンジェンシープランは実際に似ています。

ただし、計画の観点が少し違います。

事業継続計画:観点は「どうやって事業を続けるか」
コンティンジェンシープラン:観点は「どうやって被害を抑えるか」


です。

例えば、ピヨピヨカンパニーの自社ビル「ピヨピヨカンパニービル」に隕石が激突したとしましょう。
ピヨピヨカンパニービルは、ぐっちゃぐちゃになりました。

事業継続計画(BCP)3

事業継続計画(BCP)で定めておくのは、例えば

・ピヨ太君の自宅を仮のオフィスにする
・ピヨ太君の自宅は狭いから、社員はそれぞれの自宅で仕事をする
・お客さまにピヨ太君が事情を説明して支援をお願いする


などです。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって事業を続けるようかね?」を考えた計画です。

それに対して、コンティンジェンシープランでは

・社員はピヨ太君の元に集まって指示を仰ぐ
・ボロボロなビルに入ると危ないから、自宅待機とする
・お客さまにはピヨ太君が事情を説明する


のようなことを決めておきます。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって被害を抑えようかね?」を考えた計画です。

計画の内容自体は被る部分も多々ありますが、観点が少し違います。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「事業継続計画」って単語が出てきたら「ヤバい事態になったときに、どうやって事業を続けるかの計画なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク