[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PaaS

pointこの用語のポイント

pointレンタルサーバサービスの発展形だよ

pointインターネット越しに使わせてくれるサービスだよ

pointいわゆる「プラットフォーム」に分類される部分を貸してくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PaaSとは

進化したレンタルサーバサービス。
もう少しそれっぽく書くと

サーバやOS、データベースなどのいわゆる「プラットフォーム」と呼ばれる部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービス
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「サーバ」と「レンタルサーバ」あとは「プラットフォーム」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

PaaS

レンタルサーバは「賃貸サーバ」です。
詳細は用語「レンタルサーバ」の説明をごらんください。

PaaS2

プラットフォームは「そいつを動かすための土台となる環境」です。

PaaS3

以上を踏まえて、プラットフォームに該当する部分をレンタルしてくれるサービス、つまりレンタルサーバがもうちょっと進化したサービスが「PaaS」です。
Platform as a Service(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)」の略で「PaaS」ね。
読み方は「パース」や「パーズ」と読む人が多いようです。

例えば、ソフトウェアを動かすためにはプログラムだけでは足りません。
入れる箱(コンピュータ)が必要ですし、やり取りするための道路(回線)も必要です。
プログラムが動くための最低限の中身(OSとか)も必要でしょう。

PaaS4

これらをすべて自前で用意するのは大変ですよね。

そんな人のために、ソフトウェアを動作させるために必要な設備を貸してくれるサービスがあります。
お家に持ってきてくれるわけではありませんが、インターネット越しに自由に使うことができるのです。
そんな「プラットフォーム貸したるぜ」サービスがPaaSです。

PaaS5

レンタルサーバみたいなものですね。
と言うか、レンタルサーバそのものですね。

レンタルサーバとPaaSの違いで悩む人もいるようですが、個人的には同じだと考えても構わないと思っています。
もちろん細かい違いはありますが、どちらも「環境を貸してくれる」という意味では一緒です。
使う人にとっては、何をどれだけ貸してくれるか、使い始めてからどれくらい融通が利くか、が少し違うだけですよ。

またPaaSとIaaSの違いで悩む人もいるでしょう。
「IaaS」は「インフラを貸してあげるよサービス」ね。
「インフラ」は「基盤となる設備や要素」です。

PaaSとIaaSの違いは、言ってしまえばプラットフォームとインフラの違いです。
例えば、データベースとかですね。
PaaSの場合は、データベースを設定してから貸してくれたりもしますが、IaaSの場合は「自分で好きなのを勝手に入れてね」が基本です。

よく分からなければIaaSのサービスが良くなったのがPaaSと考えても構いません。
PaaSの方が、ちょっとだけ至れり尽くせりなのです。

あと、ついでなんで書いておきます。
IaaSは先程書きましたが、他にPaaSと似たような言葉で「SaaS」があります。

それぞれの意味は

・PaaS:プラットフォーム(ソフトウェアを動かすための環境)をインターネット越しに使わせてやるよサービス
・IaaS:インフラをインターネット越しに使わせてやるよサービス
・SaaS:ソフトウェアをインターネット越しに使わせてやるよサービス


となります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PaaS」って単語が出てきたら「レンタルサーバサービスの進化版(プラットフォームレンタルサービス)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク