[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IaaS

pointこの用語のポイント

pointレンタルサーバサービスの発展形だよ

pointインターネット越しに使わせてくれるサービスだよ

pointいわゆる「インフラ」に分類される部分を貸してくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IaaSとは

進化したレンタルサーバサービス。
もう少しそれっぽく書くと

サーバや回線などのいわゆる「インフラ」に分類される部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービス
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「サーバ」と「レンタルサーバ」あとは「インフラ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

IaaS

レンタルサーバは「賃貸サーバ」です。
詳細は用語「レンタルサーバ」の説明をごらんください。

IaaS2

インフラは「基盤となる設備や要素」です。
一般的には、サーバもインフラに含まれます。

IaaS3

以上を踏まえて、インフラに該当する部分をレンタルしてくれるサービス、つまりレンタルサーバがもうちょっと進化したサービスが「IaaS」です。
Infrastructure as a Service(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)」の略で「IaaS」ね。
読み方は「イアース」や「アイアース」と読む人が多いようです。

例えば、ソフトウェアを動かすためにはプログラムだけでは足りません。
入れる箱(コンピュータ)が必要ですし、やり取りするための道路(回線)も必要です。
プログラムが動くための最低限の中身(OSとか)も必要でしょう。
※余談ですが、これらの「ソフトウェアを動かすための土台」となるものは「プラットフォーム」と呼ばれます。解釈次第な部分はありますが、個人的には、インフラはプラットフォームに含まれると考えています。

IaaS4

これらをすべて自前で用意するのは大変ですよね。

そんな人のために、サーバなどのインフラ的な設備を貸してくれるサービスがあります。
お家に持ってきてくれるわけではありませんが、インターネット越しに自由に使うことができるのです。
そんな「インフラ貸したるぜ」サービスがIaaSです。

IaaS5

レンタルサーバみたいなものですね。

ちなみにレンタルサーバとIaaSの違いで悩む人もいるようですが、個人的には同じだと考えても構わないと思っています。

もちろん違いはありますよ。
レンタルサーバは月額制が多いのに対しIaaSは従量課金制が多いだとか、IaaSは仮想化技術を採用していることが多いとか、個別の要素を切り取って比較すればいろいろ違うでしょう。

ただ「IaaS」という言葉自体が、元々いろいろな要素を含んだ曖昧な言葉です。
なんせ直訳すると「サービスとしてのインフラ(Infrastructure as a Service)」ですからね。
インフラ貸出サービスですよー以上の意味はないわけです。

さらに個々人が好きに解釈して使っている側面もあります。
営業上の理由から拡大解釈して「IaaS」という表現を使っている場合もあるでしょう。
そのため「何か違いはあるっぽいけど、具体的に何が違うかは説明しにくい」人がほとんどだと思います。
だから、あまり気にする必要はありません。

えっ?それでも気になるのですか?

仕方ないですねー。

えーっと、ピヨ太君の経営しているホテルは、チェックインが15:00でチェックアウトが10:00です。
間取りは二部屋+簡易的なキッチンで、ベッドはツインです。基本的な家財道具は設置されています。
料金は一泊二日でおひとり様10,000円になります。

それに対し、ピヨ子さんの運営しているホテルはちょっと違います。
このホテルも経営者はピヨ太君ですが、運営をピヨ子さんにお任せしたのですね。
そしたらピヨ子さんが独自改革しちゃいました。ピヨ子さんはやり手ですね。

ピヨ子さんの運営するホテルでは、まずチェックイン・チェックアウトの時間が決まっていません。
何時に来て何時に帰ってもOKです。
また間取りも融通が利きます。何部屋使うか、畳かフローリングか等、好きに選べるのです。
その代わり、家財道具は付いていません。使いたいものがあればお客さま自身が持ち込みます。
また料金は滞在時間や使う部屋によって変わります。

このお話において、ピヨ太君の経営しているホテルが従来型のレンタルサーバサービス、ピヨ子さんの運営しているホテルがIaaSです。

ピヨ太君の経営しているホテルとピヨ子さんの運営しているホテルで、明らかに違いはありますよね?
でも、その違いを一言でズバッ!と言うのは難しいのではないでしょうか。

レンタルサーバとIaaSも同じです。
細かい違いはありますが、大枠で捉えれば似たようなものですよ。
言葉遊び的に違いを表せば、サーバを貸してくれるのがレンタルサーバ、インフラを貸してくれるのがIaaSですかね。

あと、ついでなんで書いておきますが、IaaSと似たような言葉で「PaaS」と「SaaS」があります。
それぞれの意味は

・IaaS:インフラをインターネット越しに使わせてやるよサービス
・PaaS:プラットフォーム(ソフトウェアを動かすための環境)をインターネット越しに使わせてやるよサービス
・SaaS:ソフトウェアをインターネット越しに使わせてやるよサービス


となります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IaaS」って単語が出てきたら「レンタルサーバサービスの進化版(インフラレンタルサービス)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク