[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

システム更改

pointこの用語のポイント

point元々あるシステムを作り直すことだよ

point契約関係の更改とはちょっとイメージが違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

システム更改とは

「今使ってるシステムも古くなったし、新しくすっか!」のこと。
つまり

既存のシステムを再構築すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

「更改」よりは「再構築」や「バージョンアップ」と言った方がイメージしやすいですかね。
今あるシステムをちょっくら見直してもっと良くしようぜー、が「システム更改」です。
契約関係の更改とはちょっとイメージが違うので、ご注意ください。

例えばそうですね。

ピヨ太君の会社ではピヨピヨ顧客管理システムを使っています。

システム更改

でも昔から使っているので、時代にそぐわない部分も増えてきました。
例えば消費税の計算とかですね。いろいろと不便を感じるようになってきたのです。

システム更改2

そこでピヨ太君は、一念発起し、ピヨピヨ顧客管理システムを作り直しました。

システム更改3

結果、ピヨピヨ顧客管理システムの使い勝手が良くなって、お仕事がはかどりましたとさ。

システム更改4

めでたしめでたし。

このように、今使ってるシステムを見直して必要に応じて作り直すのが、システム更改です。

システムやネットワークに関しては「更改」を「作り直す」や「取り換える」と読み替えると、意味が掴みやすいと思います。
もちろん契約関係の「更改」は、古い契約を破棄して新しい契約を結ぶという意味の「更改」ですけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「システム更改」って単語が出てきたら「システムを構築し直すんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク