[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

A-GPS

pointこの用語のポイント

pointGPSのパワーアップ版だよ

point人工衛星を利用して現在地を割り出すよ

point人工衛星以外も補助的に利用するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

A-GPSとは

助っ人付きのGPS(人工衛星を利用して現在地を割り出すシステム)のこと。
言い方を変えると

人工衛星「など」を利用して現在地を割り出すシステムの名前
です。

image piyo

詳しく書くよ

GPSは「人工衛星を利用して現在地を割り出すシステム」ね。

A-GPS

このGPSを中心としつつ「ちょっと微妙だなー」なところに補助的な何かを利用して現在地を割り出すシステムが「A-GPS」です。
GPS+助っ人、なシステムですね。
Assisted Global Positioning System(アシステッド・グローバル・ポジショニング・システム)」の略で「A-GPS」です。

A-GPS2

順番に見ていきましょう。
まずはGPSの仕組みを、簡単に説明します。

GPSは、人工衛星さんと自分の位置関係から現在地を求めます。

例えば、ピヨ太君と人工衛星さんの距離が、それぞれ

・ピヨ太君と人工衛星さんAの距離:200メートル
・ピヨ太君と人工衛星さんBの距離:300メートル
・ピヨ太君と人工衛星さんCの距離:100メートル


だったとしましょう。

A-GPS3

これは見方を変えると、

ピヨ太君は、人工衛星さんAを中心とした半径200メートルの円と人工衛星さんBを中心とした半径300メートルの円と人工衛星さんCを中心とした半径100メートルの円の交わるところにいる

と言えます。

A-GPS4

人工衛星3つ(以上)と自分の距離を測って、それを元に計算することで、自分のいるところを一つの点に絞りこめましたね。
その絞った点が、ピヨ太君のいる現在地になります。

これがGPSの基本的な仕組みです。

GPSの仕組みにおいて、ピヨ太君は人工衛星さんの電波を直接受け取って、えっちらおっちら位置情報を計算しました。
ぶっちゃけ面倒くさいですし、大変です。
人工衛星さんから上手く電波を受け取れなかったりしたら、泣くに泣けません。

A-GPS5

そこで、助っ人を呼んで、お手伝いしてもらうことにしました。
助っ人の力を借りることで、ピヨ太君1人で人工衛星さんとやり取りをするときよりも、精度が上がります。
より速く、より正確に、位置情報を掴めるようになるのです。

A-GPS6

このような「GPSの仕組みに助っ人を加えたもの」がA-GPSです。

A-GPSで登場する助っ人は、例えば携帯電話の基地局とかですね。
ネットワークにつながっている何かです。

助っ人のやっていることが具体的にどんなことかは、ここでは書きません。
本当は書こうと思ったのですが、書くためにはGPSの仕組み自体をもう少し深く掘り下げる必要が出てきたので、止めました。
興味がある方は、専門的な説明をしているところで情報を補完してください。

GPSも、A-GPSも、お仕事の内容は同じです。
どちらも位置情報を知るためのシステムです。

使う分には、GPSとA-GPSの違いを気にする必要は、あまりありません。
選べるのであればA-GPSにしておいた方が良いんじゃない?くらいです。

目に見えないところ、実際の仕組みを見たときには、違いがあります。
A-GPSの方が、ただのGPSよりも、仕組みが洗練されています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「A-GPS」って単語が出てきたら「助っ人付きのGPSなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク