[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

地理情報システム (GIS)

pointこの用語のポイント

pointシステムだよ

point地理情報を取り込んで活用するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

地理情報システム (GIS)とは

地理的な情報をコンピュータの中にぶち込んで、解析したり実験したり便利に使おうぜーなシステムのこと。
もう少し真面目に書くと

コンピュータ内に地理情報を取り込み、それを活用するシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

地理学とITの融合、それがGISです。
Geographic Information System(ジオグラフィック・インフォメーション・システム)」の略で「GIS」ね。

まず地理情報を用意します。
「地理情報」でイメージし難ければ「地図」だと思っても構いません。
一口に地図と言っても、日本地図もあれば世界地図もあります。河川の分布を示した地図もあれば、土地の利用状況を示した地図もありますよね。
それらの様々な用途で作られた、あるいはこれから作られる地図が地理情報です。

地理情報システム(GIS)

次に、これらの地理情報をコンピュータの中に突っ込みます。
これでコンピュータさんはその地理情報を把握しました。

地理情報システム(GIS)2

他に覚えておいて欲しい情報があれば、それも突っ込んでおきます。
ここでは、トイレを借りられるお店の名前とその住所を覚えてもらいましょうか。

地理情報システム(GIS)3

あとは地理情報を把握したコンピュータさんにいろいろお仕事させるだけです。
例えば出先で急にトイレに行きたくなったとき「ここから近くてトイレのあるお店を教えてくれ~」といった使い方が想定できますね。

地理情報システム(GIS)4

このように地理情報をコンピュータに取り込み、それを活用するシステムが「GIS」です。

GISは様々な分野で多岐に渡って活用されています。
と言うよりは、様々な分野で多岐に渡って活用されているシステムのうち、地理情報を使っているシステムは「GIS」と呼ぶことができる、と表現した方が正確でしょう。

例えば、車を運転する人にはお馴染みのカーナビ、あれもGISです。
カーナビさんには道路などの地理情報が収められています。
使う人が「お~い、ここに行きたいんだけどどうやって行けば良いの~?」と尋ねると、カーナビさんは地理情報(やその他の付帯情報)を元に「こっちから行けば着くんじゃね?」と教えてくれます。
カーナビさんは地理情報をコンピュータの中に取込んでそれを活用するシステムなのでGISです。

あるいは自然災害系のシミュレーションシステムなんかもGISです。
一ヶ月雨が降り続けたらどうなるか、物凄い大地震が起こったらどうなるか、私も専門ではないのでハッキリとは言えませんが、きっと過去のデータ(地理情報)をコンピュータに取込んでそれを元にシミュレーションするのですよね。
これらのシステムも地理情報をコンピュータの中に取込んでそれを活用するシステムなのでGISです。

あるいは……って、キリが無いのでここら辺で止めておきますね。
GISはよく「コンピュータ上の地理的な情報に様々な情報を重ねてうんぬんかんぬん」と説明されています。
個人的には、地理データを使っていてそれを元に何かができるシステムは、すべてGISと言って構わないと思っています。

ちなみにこのGIS、一番大事なのは元となる地理情報です。
極端な例えですが、日本のカーナビにアメリカの地理情報しか入っていなかったら使い物になりません。
コンピュータさんに突っ込む地理情報が正確であることが大前提となるシステムです。
GISなシステムを作るときは、元となる地理情報をどうするかをまず最初に考えてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「地理情報システム(GIS)」って単語が出てきたら「コンピュータに取り込んだ地理情報を活用するシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク