[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンセントレータ (concentrator)

pointこの用語のポイント

point回線を束ねる機械だよ

pointハブみたいなものだよ

point実は私もよく分からってないよ、ごめんなさい

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンセントレータ (concentrator)とは

「ハブ」みたいなもの。
つまり

複数の回線を束ねて1つにする機械らしいですが、ぶっちゃけ、細かいことはよく分かりません
です。

image piyo

詳しく書くよ

ハブは「スター型ネットワークの元締めかつ中継野郎」ね。
それぞれのパソコンさんから出ている線を束ねる機械だとお考えください。

コンセントレータ

このハブと同じ物として説明されていることもあれば違う物として扱われていることもある機械が「コンセントレータ」です。
日本語に直すと「集線装置」だそうな。
実は私もよく分かっていませんが、あっちの線とこっちの線を束ねるお仕事と、それを次の線に中継してあげるお仕事をする機械らしいです。

「集中(コンセントレート:concentrate)」+「~する人(er)」で「コンセントレータ(concentrator)」ですかね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

いろいろ調べてみたのですが、コンセントレータとハブを同じ物と説明している人もいれば、違う物として扱っている人もいました。
回線を集約する機械」を指す言葉がコンセントレータで、ハブは回線を集約するお仕事もするのでコンセントレータの一種と言えるのかな~と推測していますが、実際のところは分かりません。

コンセントレータ2

取りあえずは「ハブみたいなお仕事をする機械なんだな~」と理解しています。
何かのお仕事で勉強する機会があれば追記していきます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンセントレータ」って単語が出てきたら「回線を束ねる機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク