[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インフラストラクチャーモード (infrastructure mode)

pointこの用語のポイント

point無線LANのモードだよ

point無線LANアクセスポイントを介して通信するよ

point普通にインターネットをするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インフラストラクチャーモード (infrastructure mode)とは

普通にインターネットをするときに使う無線LANのモード。
もう少し具体的に書くと

無線LANの通信方式の一つで「無線LANアクセスポイントを介して通信しますよ」モードのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

無線LANアクセスポイント」は「パソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械」ね。

インフラストラクチャーモード

この無線LANアクセスポイントさんのお仕事は2つあります。

一つはパソコンさんから受け取ったビビビーな電波を、線(LANケーブル)の中をうねうね通る電気信号に変えてあげることです。
つまり無線から有線に変えてあげるお仕事ですね。
あとの流れはパソコンに線を挿した場合と同じです。

インフラストラクチャーモード2

もう一つは、ビビビーだった電波をそのまま別の無線LANアクセスポイントに向けてビビビーっと飛ばしてやるお仕事です。
単純に電波を中継してあげるお仕事ですね。

インフラストラクチャーモード3

これが無線LANアクセスポイントさんの主なお仕事です。

それを踏まえて。

通信するときに無線LANアクセスポイントさんを使いますよ」なモードが「インフラストラクチャーモード」です。
言い方を変えると、普通に無線LANを使ってインターネットをするときのモードです。

なんでこんな用語があるかというと、無線LANアクセスポイントさんを使いませんよモードがあるからです。
無線LANアクセスポイントさんを使いませんよモードは「アドホックモード」と呼ばれ、相手の無線LAN機器と直接通信をするときに使います。

物騒な例えですが、インフラストラクチャーモードが「弁護士さんお願いしますモード」でアドホックモードが「タイマンでケリつけるぜモード」といったところでしょうか。

インフラストラクチャーモードでは弁護士さん(無線LANアクセスポイントさん)を経由してやり取りします。
弁護士さんを介する形であれば、複数の人と同時にやり取りすることも可能です。
普通にインターネットをやるときはこのインフラストラクチャーモードを使います。

インフラストラクチャーモード4

一方のアドホックモードはタイマンです。
やり取りは1対1で、第三者が口を挟む余地はありません。
例えば昔の携帯電話では、赤外線通信を使って電話番号や写真を交換していましたよね。
あれに近いイメージです。

インフラストラクチャーモード5

インフラストラクチャーモードとアドホックモードはセットで覚えてあげてください。
インフラストラクチャーモードがアクセスポイントを介して複数の端末とやり取りできるモード、アドホックモードが1つの端末と直接やり取りできるモードです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インフラストラクチャーモード」って単語が出てきたら「無線LANのモードの一つで、普通にインターネットをやるときに使うモードなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク