[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネット電話

pointこの用語のポイント

pointインターネットを通り道に使った電話サービスだよ

pointIP電話の仲間だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネット電話とは

IP電話の仲間で、声の通り道にインターネットを使っている電話サービスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

IP電話」は「電話用の通り道の代わりにインターネット用の通り道を使った電話サービス」ね。
普通の電話は電話用の通り道を音声データが通りますが、IP電話の場合はインターネット用の通り道を通ります。

インターネット電話

実はこのIP電話で使う通り道、一口に「インターネット用の通り道」と言っても一種類ではありません。
みなさんがホームページを見たりしているインターネットの世界を通り道にするやり方と、それとは別にIP電話専用の通り道(IP電話網)を用意して、そこを通り道にするやり方があるのです。
……もしかしたら他にもあるかもしれませんが、取りあえず気にしないことにします。
一先ず、インターネットを通り道にするIP電話とIP電話網を通り道にするIP電話があるというのを覚えてください。

これらのIP電話のうち「インターネットを通り道にするIP電話」が「インターネット電話」です。
あなたが喋った声はインターネットの世界を通って相手に届きます。
ボイスチャットに近いイメージですね。

それでは「IP電話専用の通り道(IP電話網)を用意するIP電話」は、何と呼ぶのでしょう?
これはそのまま「IP電話」と呼びます。

つまり「IP電話」という用語には、インターネット用の通り道を使った電話サービス全般を指す場合と、IP電話専用の通り道を用意するIP電話(インターネット電話じゃない方のIP電話)を指す場合があるのです。
紛らわしいのでご注意ください。

インターネット電話2

インターネット電話は音声をデータに変換して、インターネットの世界を介して受け渡しします。
そのため、結構お手軽です。
パソコンさんに専用のソフトを入れれば、すぐ使えたりします。
その代わり、通るのはインターネットの世界ですからね。通話品質は推して知るべし、です。

一方、インターネット電話じゃない方のIP電話は、IP電話用に用意された専用の通り道を通ります。
インターネット用の通り道ではありますが、その中でもさらにIP電話用に用意された通り道を使うのです。
そのため、結構大がかりな準備が必要になります。
専用の通り道はプロバイダさん(あなたの使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれる業者さん)が用意してくれるので、プロバイダさんとの契約が必要です。
その代わり、通り道の管理はプロバイダさんがやってくれているので、ある程度以上の通話品質が見込めます。

これがインターネット電話とIP電話の違いです。
ざっくりと表にまとめると、以下のようになります。

 インターネット電話IP電話
通り道インターネットIP電話網
準備簡単面倒
必要なもの専用のソフト、マイクセットとかプロバイダとの契約、電話機とか
通話品質努力はするよある程度安定
費用基本的には無料かかる
イメージボイスチャット電話


一番大きな違いは、インターネットの世界をそのまま通り抜けるか、IP電話専用の通り道を用意してそこを通り抜けるか、の違いですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネット電話」って単語が出てきたら「インターネットを通り道に使った電話サービスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク