[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光回線終端装置 (ONU)

pointこの用語のポイント

pointモデムみたいなものだよ

point光信号と電気信号を変換する機械だよ

point光回線でインターネットをするときに必要だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光回線終端装置 (ONU)とは

光回線でインターネットをするときに必要な機械で、モデムみたいなもの。
具体的には

ピカッ!な光を線(LANケーブル)の中を通れる電気信号に変換したり、線の中を通ってきた電気信号を光に変換する機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

LANケーブルを通ってきた電気信号データ光ファイバーを通る光なデータに変換したり、あるいはその逆をやってくれる機械が「光回線終端装置(ONU)」です。
Optical Network Unit(オプティカル・ネットワーク・ユニット)」の頭文字を取って「ONU」ね。
光回線光通信をするときに使う線)でインターネットをするときに必要な機械です。

ONU

例えばそうですね。

ピヨ太君はちょっくら車で旅行に出ることにしました。
ピヨ太君のお家の前を通っている道路は、電気自動車しか通れない道路です。
そこでピヨ太君は、電気自動車に乗ってお家を出ます。

ONU2

途中で高速道路の入口に辿り着きました。
ところがどっこい、高速道路は光自動車しか通れません。

ONU3

そこでピヨ太君はレンタカーのお店に寄り、電気自動車を預けて光自動車を借りました。

ONU4

光自動車を借りたピヨ太君は高速道路をバビューンと走って、旅行を続けます。
「俺は風だ。風になったんだ~!」とか、よく分からん独り言を言いながらアクセルを踏むのでした。

ONU5

めでたしめでたし。

このお話において、ピヨ太君がデータ、最初に走っていた道路がLANケーブル、高速道路が光回線です。
電気自動車を預けて光自動車を借りたレンタカーのお店が「ONU」になります。

もう少しパソコンさんに近い例で見てみましょうか。

パソコンさんから出たデータはLANケーブルの中を通ります。このときのデータは電気信号の形をしています。

ONU6

光回線を使ってインターネットをする場合、途中で素材が光ファイバーの線に乗り換えます。
この線の中は光じゃないと通れません。

ONU7

そのため、電気信号だったデータは、途中で光に変身する必要があります。

ONU8

しかし残念ながらデータさんには変身能力がありません。

ONU9

そこで外部の人が協力して、電気信号だったデータさんを光に変身させてあげるのです。

ONU10

この協力者がONUです。
電気←→光の変換をしてくれます。

ONU11

少し話が逸れますが、電話回線でインターネットをするときにはモデムが必要でした。
モデムは「パソコンから出てきたデータを電話線を通れる形に変えてあげたり、電話線から戻ってきたデータをパソコンさんが分かる形に変換する機械」です。
電話線を通るデータとLANケーブルを通るデータの変換を行います。

ONUと、ちょっと似ていますよね?

そうです。
ONUとモデムは親戚です。

LANケーブルを通るデータを回線を通るデータに変換するのがONUです。

ONU12

LANケーブルを通るデータを電話回線を通るデータに変換するのがモデムです。

ONU13

余裕があればセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光回線終端装置(ONU)」って単語が出てきたら「光回線でインターネットをするときに必要な機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク