[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アップリンクポート (uplink port)

pointこの用語のポイント

pointポートベースVLANを使ったマルチプルVLANの話で出てくるよ

pointすべてのネットワークのデータが通れるスイッチの穴だよ

point「マルチプルポート」や「オーバーラップポート」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アップリンクポート (uplink port)とは

「マルチプルポート」のこと。
つまり

ポートベースVLANを使ったマルチプルVLANにおいて「この穴を通るのはどのネットワークのデータでも良いですよ」な設定をしてあげたスイッチの穴のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

最初に注意とお願いがあります。

このページの説明は「マルチプルポート」「オーバーラップポート」の説明とほとんど同じです。
「マルチプルポート」もしくは「オーバーラップポート」の説明を既にご覧になった方は、ここから先を読んでも意味は無いと思います。
これが注意点です。

次にお願いです。

あなたは「マルチプルVLAN」という用語の意味を何となくでも理解しているでしょうか。
「アップリンクポート」という用語はマルチプルVLANのお話で登場する用語です。
もし「マルチプルVLANって何じゃらほい?」であれば、マルチプルVLANのお勉強から始めてください。

……と書いても「取りあえずこのページを全部見た後でね」と考える方がいると思うので、簡単に説明しておきますね。

VLAN」は「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」です。
スイッチングハブスイッチ)等で、どのコンピュータがどのネットワークに所属するかを管理することで実現します。

マルチプルVLAN」は「ネットワークを掛け持ちしてる奴がいるVLAN」です。
1つの機器が複数のネットワークに所属した状態になっているVLANを指します。
このマルチプルVLANのやり方にはタグVLANと呼ばれる仕組みを使うやり方とポートベースVLANと呼ばれる仕組みを使うやり方があります。
人によっては、ポートベースVLANを使うやり方のみを指して「マルチプルVLAN」と表現する場合もあります。
詳細は用語「マルチプルVLAN」の解説をご覧ください。

ここまでが予備知識です。

それでは本題のアップリンクポートのお話ですが、ポートベースVLANでやるマルチプルVLANにおいて「すべてのネットワークのデータが通れるように設定したスイッチの穴」が「アップリンクポート」です。
ネットワークを掛け持ちする奴と線をつなぐ穴になります。

例えばここに、穴が5個あるスイッチがあったとします。

アップリンクポート

ポートベースVLANでは「この穴に挿したらこのネットワークってことになるよ」な設定をしてあげます。
今回は、穴1、2につないだらサッカーネットワーク、穴3、4につないだら野球ネットワークになることにしましょう。

アップリンクポート2

ここで穴5には「この穴を通るのはどのネットワークのデータでも良いですよ」な設定をしてあげました。
サッカーネットワークのデータと野球ネットワークのデータ、つまり全部のネットワークのデータが通れるようにしてあげたのです。
穴1~4までが合体したのが穴5だと考えても構いません。

アップリンクポート3

そうすると、穴1につないだコンピュータは穴2、5とやり取りできるようになります。穴2につないだコンピュータは穴1、5とやり取りできます。

アップリンクポート4

同じように、穴3につないだコンピュータは穴4、5とやり取りできるようになります。穴4につないだコンピュータは穴3、5とやり取りできます。

アップリンクポート5

穴5につないだコンピュータは穴1~4までのすべてのコンピュータとやり取りできるようになります。

アップリンクポート6

このとき穴5につないだコンピュータはサッカーネットワークと野球ネットワークを掛け持ちしていますよね?
このように設定したVLANがマルチプルVLANです。
そして、このときの「この穴を通るのはどのネットワークのデータでも良いですよ」な設定をしてあげたスイッチの穴を、アップリンクポートと言います。

アップリンクポート7

ところでこのアップリンクポートですが、サッカーネットワークのデータを通す能力も野球ネットワークのデータを通す能力も持っています。
見方を変えると、他のすべての穴が合体した姿、全部の穴を重ねた姿とも言えますよね?
そのためマルチプルポートは「オーバーラップポート」とも呼ばれます。

またアップリンクポートは「マルチプルポート」とも呼ばれます。
マルチプルVLANで登場するからマルチプルポートですかね?由来は分かりません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アップリンクポート」って単語が出てきたら「VLANにおいて、すべてのネットワークのデータが通れるスイッチの穴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク