[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチプルVLAN

pointこの用語のポイント

pointVLANのやり方だよ

pointネットワークを掛け持ちしてる奴がいるよ

pointタグVLANを使うやり方とポートベースVLANを使うやり方があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチプルVLANとは

「ネットワークを掛け持ちしているコンピュータさんがいますよ」なVLANのこと。
もう少し真面目に書くと

複数のネットワークに所属した状態になっている端末がある、VLANのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

VLAN」は「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」ね。
スイッチングハブスイッチ)等で、どのコンピュータがどのネットワークに所属するかを管理することで実現します。

このVLANのうち、1つのコンピュータさんを複数のネットワークに所属させるやり方が「マルチプルVLAN」です。
ネットワークの掛け持ちをしている奴がいるのです。

例えばここに、穴が5個あるスイッチがあったとします。

マルチプルVLAN

それぞれの穴にコンピュータがつながっています。
コンピュータは便宜上、A~Eまでの名前を付けておきます。

マルチプルVLAN2

何故かコンピュータEだけ仲間はずれな場所にいますが、一先ず気にしないでください。

ここで、コンピュータAとコンピュータBは同じ論理的なネットワーク(VLAN)に所属しているとします。
「論理的なネットワーク」とか書くと小難しい雰囲気になるので「サッカーネットワーク」ということにしましょう。
同じサッカーネットワークに所属しているコンピュータAとBはやり取りができます。
違うネットワークに所属しているコンピュータCとDは、コンピュータA、Bとはやり取りできません。

マルチプルVLAN3

同じように、コンピュータCとコンピュータDは野球ネットワークに所属しているとします。
同じ野球ネットワークに所属しているコンピュータCとDはやり取りができます。
違うネットワークに所属しているコンピュータAとBは、コンピュータC、Dとはやり取りできません。

マルチプルVLAN4

さて、このときコンピュータEには、コンピュータA~Dのすべてのコンピュータとやり取りさせたいとします。
どうしましょうね?

そうです。
コンピュータEは、サッカーネットワークの一員になり、かつ、野球ネットワークの一員にもなれば良いのです。

マルチプルVLAN5

サッカーネットワークの一員であるコンピュータEはコンピュータA、Bとやり取りができます。
野球ネットワークの一員であるコンピュータEはコンピュータC、Dとやり取りができます。
結果として、コンピュータEはコンピュータA~Dのすべてのコンピュータとやり取りができる理屈です。

マルチプルVLAN6

このように、一台の端末を複数のネットワークに所属させるVLANがマルチプルVLANです。
私は勝手に「ネットワーク掛け持ちVLAN」と(心の中で)呼んでいます。

ここまでの説明で「あれ?それってタグVLANと何が違うの?」と疑問を覚える人がいるかもしれませんね。
タグVLANを知っているとは、中々に情報通なお方です。

確かタグVLANは「所属するネットワークを書いた名札をデータにくっつけて、その名札を元に制御するVLANのやり方」で、一つの線の中を複数のネットワークのデータが通れるようにするための仕組みでした。

マルチプルVLAN7

ということは、タグVLANでつながった相手先は複数のネットワークのデータを扱えると言えます。

マルチプルVLAN8

あれ?それってネットワークの掛け持ちじゃね?マルチプルVLANと同じじゃね?

同じです。
ですが、より正確に言うと「マルチプルVLANを実現するための仕組みとして、タグVLANを使える」となります。

あ~、マルチプルVLANやりて~な~。どーすっかなー?
そうだ!タグVLANの仕組みを使えば実現できるんじゃね?


です。
よく分からなければ

あ~、お腹空いたな~。どーすっかなー?
そうだ!アンパンを食べれば腹が膨れるんじゃね?


と考えてください。
確かにアンパンを食べればお腹が膨れますが「アンパンを食べる」と「お腹が膨れる」では、言葉の意味自体は違いますよね?

それと同じです。
マルチプルVLANを実現するための仕組みとしてタグVLANを使えますが、マルチプルVLANとタグVLANは同じ物ではないのです。

話を戻しますね。

タグVLANの仕組みを使ってマルチプルVLANを実現することができると書きました。
しかしこのやり方には一つ弱点があったのです。

それはネットワークの掛け持ちをする奴がタグVLANに対応していないと駄目なことでした。

マルチプルVLAN9

タグVLANでは、所属するネットワークの名札を付けたデータがやってきます。
ということは、その名札をきちんと読める人でないと、まともにお仕事できません。

マルチプルVLAN16

タグVLANを使って実現するマルチプルVLANにはそのような弱点があったのです。
ネットワークを掛け持ちする奴は、タグVLANに対応している機器である必要がありました。

う~ん、他に良い方法は無いですかね?

あります。
それはポートベースVLANを使う方法です。

ポートベースVLANは「この穴に挿したらこのネットワークってことになるよ」なVLANのやり方でした。
スイッチの穴に「この穴を通るのはこのネットワークのデータだけだよ」な設定をしてあげるやり方です。

マルチプルVLAN10

それを踏まえて、スイッチの穴に「この穴を通るのはどのネットワークのデータでも良いですよ」な設定をしてあげたらどうなるでしょう?

マルチプルVLAN11

そうですね。
その穴に線を挿したコンピュータは、どのネットワークに所属するコンピュータともやり取りできるようになります。

マルチプルVLAN12

このやり方の場合、ネットワークを掛け持ちする奴は普通のコンピュータさんで大丈夫です。
もっと言えば、プリンタさんでも何でも構いません。タグVLANに対応していない機器でも掛け持ちできるのです。

これもマルチプルVLANのやり方の一つです。
ちなみに「この穴を通るのはどのネットワークのデータでも良いですよ」な設定をしたスイッチの穴は「マルチプルポート」や「オーバーラップポート」、「アップリンクポート」等と呼ばれます。
余裕があれば覚えてあげてください。

また「マルチプルVLAN」と言った場合、特にポートベースVLANを使うやり方を指している場合も多いです。
タグVLANを使うやり方は、そのまま「タグVLAN」と呼んでも差し支えないですからね。
マルチプルVLANのやり方のうち、タグVLANを使うやり方を「タグVLAN」、ポートベースVLANを使うやり方を「マルチプルVLAN」と呼び分けている人もいるようです。

マルチプルVLANは、ホテルやマンション等でよく導入されています。
これらの施設では、建物に入ってくる線は一つだけですが、それがスイッチで枝分かれして各部屋につながっています。

マルチプルVLAN13

VLANを組まない場合、建物内のすべての部屋で1つのネットワークが作られてしまいます。

マルチプルVLAN14

これでは困りますよね?
他の部屋の人とやり取りできちゃいます。

そこで「インターネットに出ていく線は誰でも通ってOKよ」「他の人の部屋に入っちゃいけませんよ」な設定を、マルチプルVLANを使って、してあげるのです。

実際の仕組みはもう少しスマートですが、各部屋毎に別のネットワークを作って、インターネットの世界に延びている線だけ全ネットワークのデータを通れるようにしてあげるイメージです。

マルチプルVLAN15

これで、インターネットは使えるし、他の部屋の人とはやり取りできないようになりました。
めでたしめでたし。

これがマルチプルVLANの活用例です。

マルチプルVLANの実際の設定については、ここでは触れません。
専門的に説明しているところで、情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチプルVLAN」って単語が出てきたら「ネットワークを掛け持ちしてる奴がいるVLANなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク