[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アクセスリンク (access link)

pointこの用語のポイント

pointVLANの話で登場するよ

pointタグVLAN(トランク接続、トランクリンク)以外の接続だよ

point「トランクリンク」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アクセスリンク (access link)とは

VLANのお話における、タグVLAN(トランク接続、トランクリンク)以外の接続のこと。
と書くとズルいですかね。

スイッチの「アクセスポート」と呼ばれる穴に線をぶっさす接続のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

最初にお願いがあります。

VLAN」と「アクセスポート」の意味が分からない方は、まずそちらからお勉強してください。
最低限、この2つは理解している必要があります。
あとは「タグVLAN(=トランク接続トランクリンク)」と「トランクポート」も理解していると尚良しです。
VLANと呼ばれる技術の全体像を掴みやすくなります。

……と書いても「取りあえずこのページを全部見た後でね」と考える方がいると思うので、簡単に説明しておきますね。

VLANは「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」です。
これで分からなければ、素直に「VLAN」のページを先に読んでください。
VLANの大雑把な理解は大前提となります。

アクセスリンク

トランクポートは「いろんなネットワークのデータが通る穴」です。
主にスイッチ同士を接続するときに使うスイッチの穴です。

アクセスリンク2

アクセスポートは「トランクポートじゃない方の穴」です。
主にコンピュータさんと接続するときに使うスイッチの穴です。

アクセスリンク3

タグVLANは「所属するネットワークを書いた名札をデータにくっつけて、その名札を元に制御するVLANのやり方」です。
トランクポートを使った接続なので「トランク接続」や「トランクリンク」とも呼ばれます。
複数のネットワークのデータを、1つの線の中を通すための仕組みです。

アクセスリンク4

これらを踏まえて、VLANにおけるタグVLAN(トランク接続、トランクリンク)以外の接続、アクセスポートに挿した線による接続が「アクセスリンク」です。

アクセスリンク5

トランクポートを使った接続はトランクリンクと呼ばれていました。
同じように、アクセスポートを使った接続をアクセスリンクと呼びます。

アクセスリンク、つまりタグVLAN以外のVLANは、さらに「スタティックVLAN」と「ダイナミックVLAN」に分類されます。
詳細は用語「スタティックVLAN」「ダイナミックVLAN」の解説をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アクセスリンク」って単語が出てきたら「VLANにおける、タグVLAN(トランク接続、トランクリンク)以外の接続なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク