[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSサフィックス

pointこの用語のポイント

pointお尻にくっつく文字だよ

pointドメイン名を指定したときに勝手にくっつくよ

pointドメイン名の入力を省略するための仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSサフィックスとは

ドメイン名を指定したときに勝手に後ろにくっつく文字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

突然ですが「ドメイン名を全部入力するの面倒なんだけど」な人のために用意された「ドメイン名の入力を省略してもいーよ」な仕組みがあります。
そこで使われるのが「DNSサフィックス」です。

例えば、前もって「DNSサフィックス」として「i-3-i.info」を登録しておきます。

あるとき、マコトさんはドメイン名として「wa3」を指定しました。

そうすると裏側で勝手に「i-3-i.info」を追加して「wa3.i-3-i.info」を探しに行ってくれるのです。
「wa3」の入力に対して、後ろに勝手に「i-3-i.info」がくっつきました。

この状況は「ドメイン名を入力する際に『i-3-i.info』の入力を省略できる」と言えますよね。
あるいは「ドメイン名の入力に対して『i-3-i.info』が補完される」と表現しても間違いではありません。
そのため世の中には「DNSサフィックス」という言葉の様々な意訳が転がっています。

でも本来の意味は「ドメイン名指定時に後ろに自動的に付与される文字列」が「DNSサフィックス」です、多分。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSサフィックス」って単語が出てきたら「ドメイン名の入力を省略するための仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク