[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザベースVLAN

pointこの用語のポイント

pointVLANのやり方だよ

point使うときに認証するよ

point認証されたユーザによって、どのネットワークに所属するかが決まるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザベースVLANとは

「そいつが使っているコンピュータはこのネットワークってことになってるよ」なVLANのやり方。
もう少しきちんと書くと

使うときに認証を行い、その認証されたユーザによって、コンピュータがどのネットワークに所属するかが決まるVLANの方式
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

認証」は「OKな奴かチェックすること」ね。
よくある方法は、IDパスワードを入力して、自分が使って良い人であることを証明するやり方です。
またIDを個人ごとに発行すれば、認証を行った人が誰かを特定することもできます。
例えばピヨ太君のIDを「piyota」、ピヨ子さんのIDを「piyoko」にしておけば「piyota」で認証されればピヨ太君が来たんだな~と分かりますし「piyoko」で認証されればピヨ子さんが来たんだな~と分かります。
ここでは「(やり方次第で)認証によって個人を特定できる」というのを覚えておいてください。

VLAN」は「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」です。
スイッチングハブスイッチ)等で、どのコンピュータがどのネットワークに所属するかを管理することで実現します。

このVLANのやり方はいくつかあるのですが、コンピュータを使っている人を見て、そのコンピュータがどのネットワークに所属するか判断するのが「ユーザベースVLAN」です。
大事なのはコンピュータを使う人、つまりユーザなのです。

例えばここに、穴が5個あるスイッチがあったとします。

ユーザベースVLAN

それぞれの穴にコンピュータがつながっています。
コンピュータは便宜上、A~Eまでの名前を付けておきます。

ユーザベースVLAN2

ピヨ太君はネットワーク1の人です。
ピヨ子さんはネットワーク2の人です。

ユーザベースVLAN3

さて、ピヨ太君がコンピュータAを使って作業をしました。
ID「piyota」を使って認証済みです。

ユーザベースVLAN4

そうするとコンピュータA(=穴1)はネットワーク1につながります。
ピヨ太君はネットワーク1の人ですからね。

ユーザベースVLAN5

次にピヨ子さんがコンピュータ2を使って作業をしました。
ID「piyoko」を使って認証済みです。

ユーザベースVLAN6

そうするとコンピュータB(=穴2)はネットワーク2につながります。
ピヨ子さんはネットワーク2の人ですからね。

ユーザベースVLAN7

おっと、ここでピヨ太くんが、別のコンピュータに移動しました。
コンピュータEを使って作業をするようです。

ユーザベースVLAN8

そうするとコンピュータE(=穴5)はネットワーク1につながります。
ピヨ太君はネットワーク1の人ですからね。

ユーザベースVLAN9

あれあれ?ピヨ子さんまで移動するようです。
ピヨ子さんは、さっきまでピヨ太君が使っていたコンピュータAに移動しました。

ユーザベースVLAN10

そうするとコンピュータA(=穴1)はネットワーク2につながります。
ピヨ子さんはネットワーク2の人ですからね。

ユーザベースVLAN11

さっきはネットワーク1につながったコンピュータA(=穴1)が、今度はネットワーク2につながりましたね。
同じコンピュータですが、ピヨ太君が使ったときはネットワーク1、ピヨ子さんが使ったときはネットワーク2につながりました。

ユーザベースVLAN12

このようなVLANのやり方がユーザベースVLANです。
コンピュータを使う人によって所属するネットワークが決まります。

ユーザベースVLANでは、どのコンピュータを使うかすらどうでも良いのです。
「使う人が誰か」が大事なVLANのやり方です。

ユーザベースVLANの実際の設定については、ここでは触れません。
専門的に説明しているところで、情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザベースVLAN」って単語が出てきたら「使う人によって所属するネットワークが決まるVLANなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク