[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ポートベースVLAN

pointこの用語のポイント

pointVLANのやり方だよ

pointスイッチのどの穴に線を挿すかで、所属するネットワークが決まるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ポートベースVLANとは

「この穴に挿したらこのネットワークってことになるよ」なVLANのやり方。
もう少しきちんと書くと

スイッチのどの穴に線を挿すかで、どのネットワークに所属するかが決まるVLANの方式
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

VLAN」は「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」ね。
スイッチングハブスイッチ)等で、どのコンピュータがどのネットワークに所属するかを管理することで実現します。

このVLANのやり方はいくつかあるのですが、スイッチのどの穴に線を挿すかで、そのコンピュータがどのネットワークに所属するか決まるのが「ポートベースVLAN」です。
大事なのは穴、穴なのです。

例えばここに、穴が5個あるスイッチがあったとします。

ポートベースVLAN

穴1に線を挿したコンピュータは穴2に線を挿したコンピュータとやり取りができます。
それ以外の穴に線を挿したコンピュータとはやり取りができません。
同じように、穴2に線を挿したコンピュータもやり取りができるコンピュータは穴1に線を挿したコンピュータだけです。
それ以外のコンピュータとはやり取りできません。

ポートベースVLAN2

穴3に挿したコンピュータがやり取りできるのは穴4、穴5に挿したコンピュータだけです。
穴1、穴2のコンピュータとはやり取りできません。
同じように、穴4は穴3と穴5、穴5は穴3と穴4とのやり取りが可能です。
穴1、穴2とはやり取りできません。

ポートベースVLAN3

これは、穴1と穴2につながったコンピュータで1つのネットワーク、穴3~5につながったコンピュータで1つのネットワークになっていると言えますよね?

ポートベースVLAN4

言い方を変えれば、穴1、穴2はネットワーク1の穴、穴3~5はネットワーク2の穴と言えます。

ポートベースVLAN5

それぞれのネットワークは「本当は違うけど、そーゆーことにしましょ」なネットワークです。
つまり論理的なネットワーク(VLAN)ですよね。

このようなVLANのやり方がポートベースVLANです。
どの穴に線を挿すかで所属するネットワークが決まります。

ポートベースVLANの実際の設定は「このネットワークにはどの穴を含めますか~?」形式で行います。
例えば「ネットワーク1には穴1と穴2を含めま~す」「ネットワーク2には穴3と穴4と穴5を含めま~す」のような形ですね。
この設定をスイッチさんに覚え込ませ、あーだこーだと制御させるのです。

細かいやり方については、専門的に説明しているところで、情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ポートベースVLAN」って単語が出てきたら「どの穴に挿すかで所属するネットワークが決まるVLANなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク