[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SSID

pointこの用語のポイント

point無線LANアクセスポイントに付ける名前だよ

point「ESSID」と同じものだと思って良いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SSIDとは

パソコンさんからビビビーって飛んできた無線LANの電波を受け取る機械に付ける名前。
少しだけ専門用語を混ぜると

無線LANアクセスポイントに付ける識別子(名前)。
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページの説明は「ESSID」の説明とほぼ同じです。
厳密に言えばSSIDがパワーアップしたのがESSIDですが、現在ではほとんど同じ意味で使われています。
そのため本ページでもESSIDの説明をSSIDの説明として載せています。

実際のところ、無線LANアクセスポイントのお話で登場するのはESSIDです。
ですが、それを指してSSIDと呼称するのも一般的です。
SSIDとESSIDの違いについては、気にしない方が良いと思います。

それではSSIDの説明を始めます。
ESSIDの説明を既にご覧になった方は、ここから先を見ても意味が無いのでご注意くださいね。
ESSIDの説明と同じことが書かれています。

ズバリ!

無線LANアクセスポイントに付ける名前が「SSID(エスエスアイディー)」です。
Service Set Identifier(サービス・セット・アイディンティファイア)」の略で「SSID」ね。

ちなみに「無線LANアクセスポイント」は「パソコンから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械」です。
パソコンさんからビビビーと出た電波は、まず無線LANアクセスポイントが受け取ります。

SSID

無線LANアクセスポイントさんは、ビビビーだった電波を、線の中をうねうね通る電気信号に変えます。
無線から有線に変えてくれるのです。

SSID2

あるいはビビビーだった電波を、そのまま別の無線LANアクセスポイントにビビビーと飛ばしてやります。

SSID3

これが無線LANアクセスポイントさんのお仕事です。

さて、この無線LANアクセスポイントですが、世の中にはたくさんあります。
そして、それらはすべて空気を通してつながっています。

SSID4

おっと、ここでパソコンさんから電波がビビビーと飛んできました。

SSID5

どの無線LANアクセスポイントさんが処理しましょうね?

SSID6

ここで喧嘩になるのを防ぐためにあるのがSSIDです。

無線LANアクセスポイントさんにはそれぞれ名前(SSID)が付いています。

SSID7

そしてパソコンさんからは「この電波はSSIDが○○の無線LANアクセスポイントさんが処理してくださ~い」と名指しで電波が飛んできます。

SSID8

飛んできた電波は名指しされた無線LANアクセスポイントさんが処理します。
それ以外の無線LANアクセスポイントさんは無視します。

SSID9

これがSSIDの役割です。
無線LANアクセスポイントさんに付ける名前で、どの無線LANアクセスポイントさんにお仕事をお願いするか指定するために使われます。
小難しい言い方をすると「交信可能な無線LANアクセスポイントが複数ある場合に発生し得る『混線』を防ぐために設定する、無線LANアクセスポイントの識別子」といったところでしょうかね。

無線LANアクセスポイントにSSIDを設定する際には一つだけ気を付けてください。
SSIDは名前です。同じ名前の人がいたら紛らわしいですよね?
SSIDには最大32文字までの英数字を使って好きな文字列を設定できますが、できるだけ他と被らない名前にしてあげてくださいね。

またパソコンに設定するSSIDは、お仕事をしてもらう無線LANアクセスポイントさんの名前です。
「この電波はSSIDが○○の無線LANアクセスポイントさんが処理してくださ~い」と名指しするために使われます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SSID」って単語が出てきたら「無線LANアクセスポイントに付ける名前なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク