[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リターゲティング広告

pointこの用語のポイント

pointWeb広告だよ

point訪問者を追跡して同じ広告を表示させるよ

point「リマーケティング広告」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リターゲティング広告とは

「リマーケティング広告」のこと。
つまり

「地獄の果てまで追い回すぜ」広告のこと
であり

自分のホームページの訪問者に目印を付け、その訪問者が他のサイトを見たときに自分のところの広告を表示させる仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

リマーケティング広告」は「ホームページの訪問者を追跡して同じ広告を表示させる仕組み」ね。
このリマーケティング広告の別の呼び方が「リターゲティング広告」です。

リターゲティング広告

実際のところ「リマーケティング」と「リターゲティング」は同じ意味で使われています。
Googleさんは「リマーケティング」、Yahoo!さんは「リターゲティング」を使っているようですね。
それだけの違いです。

リターゲティング広告の仕組みについては、用語「リマーケティング広告」の解説をご覧ください。
見るのが面倒くさい人のために、流れだけ簡単に書いておくと

1.訪問時にcookieを埋め込む
2.他のホームページを表示したときに、広告表示プログラムがcookieを読む
3.cookieの内容に従って、表示される広告内容が変化する


となります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リターゲティング広告」って単語が出てきたら「訪問者を追跡して同じ広告を表示させる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク