[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リターゲティング広告

pointこの用語のポイント

pointWeb広告だよ

point訪問者を追跡して同じ広告を表示させるよ

point「リマーケティング広告」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リターゲティング広告とは

「リマーケティング広告」のこと。
つまり

Web広告の種類のひとつ
であり

「地獄の果てまで追い回すぜ」型の広告
です。
もう少し具体的に書くと

自分のホームページの訪問者に目印を付けて、その訪問者が他のホームページを見たときに自分のところの広告を表示させる仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」と「リマーケティング広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

リターゲティング広告

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

リターゲティング広告2

リマーケティング広告は「ホームページの訪問者を追いかけて延々自分のところの広告を表示させるWeb広告」です。
鬱陶しいこと、この上ないですね。

リターゲティング広告3

リマーケティング広告の仕組みが気になる方は用語「リマーケティング広告」の説明を、ご覧ください。
見るのが面倒くさい人のために、簡単に流れを書いておくと

1.訪問時にcookieを埋め込む
2.他のホームページを表示したときに、広告表示プログラムがcookieを読む
3.cookieの内容に従って、表示される広告内容が変化する


です。

以上を踏まえて、リマーケティング広告の別の呼び名が「リターゲティング広告」です。
「リマーケティング広告」と「リターゲティング広告」は同じ意味の用語だと思って、かまいません。

リターゲティング広告4

もしかしたら本当は違いがあるのかもしれませんが、現実的に「リマーケティング」と「リターゲティング」は同じ意味で使われています。
Googleさんは「リマーケティング」を、Yahoo!さんは「リターゲティング」を使っているようですね。
多分それだけの違いです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リターゲティング広告」って単語が出てきたら「訪問者を追跡して同じ広告を表示させる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク