[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アカウントプラン (account plan)

pointこの用語のポイント

pointお客さまそれぞれに対する計画だよ

point「アカウントプランニング」とは違う意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アカウントプラン (account plan)とは

お客さまそれぞれに対する個別の計画……に各人が思い思いの意味を付与して、専門家っぽい言い方をしたいときに使われている言葉。
ソリューション営業とやらでよく使われる意味は

お客さまの側に寄り添って、どーすればお客さまが幸せになれるかな~ってのを中・長期的な目線から計画すること
です。
もうちょっとゲスい表現をすると

どうすれば末永くお金を搾り取れるかをお客さま毎に計画すること。
ですかね。

image piyo

詳しく書くよ

アカウント(お客さま)に対するプラン(計画)で「アカウントプラン」です。
随分と大雑把な言葉ですね。

アカウントプラン

文字面をそのまま解釈すれば、保険のプランみたいに、お客さまそれぞれに対する計画を指す言葉でしょう。
そこに各人が思い思いの意味を付与して、いかにも専門家っぽい言い回しをしたいときに使っているようです。
例えば、お客さま一人一人にあった営業活動をしましょうの意味で「アカウントプラン」と言ったり、お客さま目線な計画を立てましょうの意味で「アカウントプラン」と言ったりですね。

ITの現場では、ソリューション営業とやらで出てくる言葉みたいです。
その場合は「お客さま毎の計画を立てろや」くらいの解釈で十分だと思います。

アカウントプランと紛らわしい用語として、広告業界で使われている用語「アカウントプランニング」があります。
アカウントプランニングの意味は「消費者の考えや行動を分析して、実際の広告活動に反映させること」です。
アカウントプランとはちょっとニュアンスが違いますね。

ごっちゃにしちゃうと、混乱するのでご注意ください。
アカウントプランは「お客さま毎の計画」で、アカウントプランニングは「消費者を分析して広告に反映させること」です。
2つは別ものですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アカウントプラン」って単語が出てきたら「お客さまそれぞれに対する計画なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク