[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

固定長 (fixed length)

pointこの用語のポイント

point同じ長さだよ

point長さが決まってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

固定長 (fixed length)とは

「全部同じ長さですよ」ってこと。
言い方を変えると

「長さが決まっていますよ」ってこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

長さが決まっているのが「固定長」です。
ぜ~んぶ、同じ長さになります。

固定長

「固定長○○」という言葉が出てきたら「固定長」の部分を「長さの決まっている」と読み替えてしまって構いません。
それである程度の意味は掴めると思います。

固定長という言葉がよく出てくるのはデータベースファイルです。
もちろん他にも出てくる機会はありますけどね。よく見かけるのはデータベースとファイルです。

データベースやファイルでおく見かける固定長は、固定長レコード(行の長さが決まっている)か固定長カラム(項目の長さが決まっている)のどちらかでしょう。

行と項目の違いはあれど、どちらも

・長さが決まっている
・長さが足りないときは空白を埋めて調整する


のが特徴です。

ん?「長さが足りないときは空白を埋めて調整する」を補足しておいた方が良いですかね?

例えばここに、長さが5の固定長カラムな箱があったとします。

固定長2

この箱に長さが3のデータを入れたくなりました。

固定長3

でも箱に入るのは長さが5のデータだけです。
3では入りません。

固定長4

そんなときは、長さ3のデータに空白2をくっつけて、長さを5にしてから入れるのです。

固定長5

これが「長さが足りないときは空白を埋めて調整する」です。

必要な長さまで空白をくっつけるのは、自分でやらなくてはいけない場合もあれば、勝手にやってくれる場合もあります。
例えばファイルに出力するデータであれば、自分でやらなくてはいけないでしょう。
データベースの固定長カラムにデータを入れる場合は、データベースさんが勝手にやってくれます。

少し話が逸れちゃいましたかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「固定長」って単語が出てきたら「長さが決まっているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク