[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Ingress LER

pointこの用語のポイント

pointMPLSに対応したルータだよ

pointMPLS網の入口となるルータだよ

pointラベルを貼りつけるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Ingress LERとは

MPLSの仕組みにおいて、ラベルを貼りつけるルータのこと。
小難しい言い方をすると

MPLS網において、入口となるLSR(MPLSに対応したルータ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

MPLS」は「パケット通信用に細切れにされたデータ)にラベルを貼りつけて、そのラベルを見ることでパケットの受け渡し先を判断する仕組み」ね。
詳細は用語「MPLS」の解説をご覧ください。

ルータ」は「ネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」です。
ネットワークにおける交通整理員みたいなものだとお考えください。

LSR」は「MPLSに対応したルータ」です。
LSRさんのお仕事は主に

・ラベルを貼る
・ラベルを見て行く先を指示する
・ラベルを剥がす


の3つで構成されています。

Ingress LER

そして特に、ラベルを貼るLSRとラベルを剥がすLSRは「LER(Label Edge Router)」と呼ばれています。

Ingress LER2

このLERのうち、ラベルを貼るのがお仕事のLERが「Ingress LER(イングレス・エルイーアール)」です。

Ingress LER3

Ingress LERさんはラベルでやり取りする際の最初のルータです。
そのため、MPLS網(ラベルでやり取りしますよネットワーク)の入口と言えます。

ちなみにラベルを剥がす方のLER(最後のLER、出口となるLER)は「Egress LER」ね。

Ingress LER4

余裕があれば覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Ingress LER」って単語が出てきたら「ラベルを貼るのがお仕事のLSR(MPLS対応ルータ)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク