[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MPLS

pointこの用語のポイント

point通信の仕組みだよ

pointIPアドレスの代わりにラベルを使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MPLSとは

パケット(通信用に細切れにされたデータ)にラベルを貼りつけて、そのラベルを見ることでパケットの受け渡し先を判断する仕組み。
つまり

IPアドレスの代わりにラベルを使って「どこに行けば良いのー?」を判断する仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言ってしまえば、IPアドレスの代わりにラベルを使うのが「MPLS」です。
Multi-Protocol Label Switching(マルチ・プロトコル・ラベル・スイッチング)」の略で「MPLS」ね。

まずは基本的なところから行きましょう。

通信するときに線の中を移動するデータは「パケット」と呼ばれます。
パケットは「通信用に細切れにされたデータ」です。中にはお届け先のIPアドレス(目的地)が書いてあります。
ここではパケットの中にお届け先の情報(IPアドレス)が書かれているというのを覚えておいてください。

コンピュータから出たパケットは、お届け先が同じネットワーク内にあるときは直接お届け先に到着します。

MPLS

同じネットワーク内にお届け先が無いときは「ルータ」と呼ばれる機械に向かいます。
ルータは「ネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」です。
ネットワークにおける交通整理員みたいなものだとお考えください。

MPLS2

ルータさんはパケットの中に書いてあるお届け先のIPアドレスを見て「あ~、そこに行きたいのか~。じゃあ取りあえずあっちに行きなよ」と教えてくれます。
指示された先はお届け先のコンピュータかもしれませんし、また別のルータさんかもしれません。
別のルータさんに着いた場合は、別のルータさんもパケットの中に書いてあるお届け先のIPアドレスを見ます。
そして「あ~、そこに行きたいのか~。じゃあ取りあえずあっちに行きなよ」と教えてくれます。
これを繰り替えすことで、パケットは目的地に到着するのです。

MPLS3

これが通信の基本的な流れです。
パケットがどこに向かえば良いかの判断はIPアドレスで行います。

この「パケットがどこに向かえば良いかの判断」を、IPアドレスではなくラベルで行うのがMPLSです。

MPLSでは、(MPLSに対応している)最初のルータさんに到着したパケットは、ラベルをペタっと貼りつけられます。

MPLS4

このラベルには「目的地はここなんで、あー行って、こー行って、そー行くよ」な情報が書かれています。
パケットに書かれているIPアドレスを見た最初のルータさんが「えーっと、ここが目的地だから……ここに到着すれば良いわけでしょ。てことは、あっちに行ってこっちに行って……よし、これで大丈夫だな」といろいろ考えて、ラベルを作ってくれるのです。

このラベルの内容は途中で変更されたりもしますが、取りあえずは気にしなくて構いません。
今の段階でそこまで意識しちゃうと頭がこんがらがっちゃうと思います。

話を戻して、最初のルータさんでパケットはラベルを貼りつけられました。

ラベルを貼られたパケットは次のルータさんに向かいます。

MPLS5

次のルータさんでは、もうIPアドレスを見ません。
もっと分かりやすいラベルが貼ってありますからね。
ラベルを見て「あっちに行け」と指示を出します。

MPLS6

それを繰り返していたら、最後のルータさんに到着しました。

最後のルータさんでは、パケットに貼りつけたラベルを剥がします。
もういらないですからね。アフターサービスもバッチリです。

MPLS7

その後「じゃあ後はいつも通りに通信してね~」とお届け先のコンピュータさん、あるいは次のルータさんに送り出してくれるのです。

MPLS8

これがMPLSの流れです。

MPLS9

当たり前ですが、MPLSができるのはMPLSに対応しているルータだけです。
※「MPLSに対応しているルータ」は「LSR(Label Switching Router)」と呼ばれます。
MPLSに対応しているルータで構成されたエリアをうろちょろしている間はラベルで行き先を判断できますが、普通のルータのエリアに戻ったら、IPアドレスで行き先を判断することになります。

MPLS10

逆に言えば、MPLSに対応しているルータで構成されたエリアをうろちょろしている間はIPアドレスを気にしなくて良いのです。

MPLS11

MPLSのこの特性はVPN(なんちゃって専用回線サービス)などに活かされています。
VPNには「IP-VPN」と呼ばれる種類のVPNがあるのですが、このIP-VPNを実現するためにMPLSの仕組みが使われていますよ。

MPLSの仕組みは、実際にはもっと複雑です。
ラベルは固定長(4バイト)でレイヤ2ヘッダレイヤ3のヘッダの間に付与されるとか、押さえておくべきポイントはまだまだあるでしょう。
専門用語がアホみたいに増えるのでここでは触れませんが、きちんと理解したい人は専門的に説明しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MPLS」って単語が出てきたら「IPアドレスの代わりにラベルを使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク