[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デフォルトゲートウェイ (default gateway)

pointこの用語のポイント

pointネットワークの出入口だよ

pointお届け先が分からないときに取りあえず送る先だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デフォルトゲートウェイ (default gateway)とは

自分がいるネットワークの出入口
と説明される場合も多いですが

通信において「こいつ、どこに届ければ良いんだ?分からん」なときに取りあえず送る送り先
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ゲートウェイ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ゲートウェイは「規格の違うネットワークを中継する機械」です。

例えば、そうですね。

あるところに日本ネットワークと英語ネットワークがありました。
日本ネットワークでは日本語を使っています。
英語ネットワークでは英語を使っています。

デフォルトゲートウェイ

これが閉じた世界であれば話は簡単です。
日本ネットワークのコンピュータさんは日本語で会話します。
英語ネットワークのコンピュータさんは英語で会話します。

ところが、ですね。

日本ネットワークにいるコンピュータさんが英語ネットワークにいるコンピュータさんに用事ができました。
お話したいことが、できたのです。

ですが、日本ネットワークのコンピュータと英語ネットワークのコンピュータでは、やり取りできません。
日本語と英語では言葉が通じないからです。
意思疎通できません。

デフォルトゲートウェイ2

ここで登場するのがゲートウェイさんです。

ゲートウェイさんは、日本ネットワークのコンピュータが話した内容(日本語)を英語に変換して、英語ネットワークのコンピュータさんに届けてくれます。
同じように、英語ネットワークのコンピュータが話した内容(英語)を日本語に変換して、日本ネットワークのコンピュータさんに届けてくれます。

デフォルトゲートウェイ3

これで日本ネットワークのコンピュータさんと英語ネットワークのコンピュータさんでやり取りできるようになりました。
めでたし、めでたし。

これがゲートウェイさんのお仕事です。
ネットワークの世界における通訳みたいなものですね。

以上を踏まえて

どこにデータを届ければ良いか分からないときの取りあえずの送り先

であり

ネットワークの出入口

に相当する機器が「デフォルトゲートウェイ」です。
「ゲートウェイ(ネットワークを中継する機械)関係なくね?」と思うかもしれませんが、読み進めれば分かります。

「送り先」と「出入口」です。
一見すると違うことを言っているように見えますね。
ですが、実は同じことを言っています。

例えば、そうですね。

ここに1台のパソコンさんがありました。

デフォルトゲートウェイ4

このパソコンさんから、別のパソコンさんにデータを送るとします。

デフォルトゲートウェイ5

このとき、相手のパソコンさんが同じネットワークにいれば直接相手に届けられます。
細かい理屈はすっ飛ばしますが、同じネットワークにいれば通信相手のパソコンさんの居場所が分かるからです。

デフォルトゲートウェイ6

同じネットワークにいない場合は、届けられません。
通信相手のパソコンさんが、どこにいるか分からないからです。

デフォルトゲートウェイ7

さて、困りましたね。
通信相手のパソコンさんが、どこにいるか分かりません。
どこに届ければ良いのか不明です。

そんな「う~ん、どこに届ければ良いんだろ?」なときに送る「よく分かんないから取りあえず送ります。後は、そっちで何とかしてください」な送り先が「デフォルトゲートウェイ」です。

デフォルトゲートウェイ8

繰り返しになりますが、デフォルトゲートウェイは「データのお届け先が分からないときの取りあえずの送り先」です。
それでは、なぜ「ネットワークの出入口」と説明されるのでしょうね。

その理由は

デフォルトゲートウェイに送られたデータは別のネットワークに流れていく

からです。

データの送り先が同じネットワークであれば、直接お届けできます。
わざわざデフォルトゲートウェイさんに送ってよこす必要は、ありません。
デフォルトゲートウェイさんに送ってきたということは、送り先は同じネットワーク内にない(他のネットワークにある)ことを意味します。

見方を変えれば

ネットワークから出ていくデータはデフォルトゲートウェイを通る

と言えます。
よって「デフォルトゲートウェイはネットワークの出入口である」という言い方がされるのです……多分。

本当のところは知りませんけどね。
私は、そのように理解しています。

なお、一般的な構成のネットワークにおいて、他のネットワークとの中継役をやってくれる機器はルータさんです。
デフォルトゲートウェイを設定する際には、ルータのIPアドレスを指定する場合が多いと思います。

ルータはデフォルトゲートウェイの役目をします。
そのせいで、ルータとデフォルトゲートウェイがごっちゃになっちゃう人もいるようです。
ですが本来、ルータとデフォルトゲートウェイは別の用語です。
区別できるようにしておいてください。

ルータは「ネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」です。
デフォルトゲートウェイは「ネットワークの出入口に相当する機器」です。
あまり見かけませんが、ルータ以外をデフォルトゲートウェイとして使うことも可能は可能です。

私自身は

ルータ:機器の名称
デフォルトゲートウェイ:機器の役割


と解釈しています。

「デフォルトゲートウェイ」としての役割を果たす「ルータ」という名前の機器

とか表現すればイメージできますかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デフォルトゲートウェイ」って単語が出てきたら「お届け先が分からないときの送り先、言い方を変えるとネットワークの出入口なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク