[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

広域イーサネット

pointこの用語のポイント

pointVPNみたいなものだよ

point離れたところにあるLAN同士をくっつけて、ひとつの大きなLANっぽくするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

広域イーサネットとは

離れたところにあるLANとLANをくっつけて、大きなLANっぽくすること。もしくは、そのようなサービス
です。

image piyo

詳しく書くよ

LAN」は「狭い範囲で作られるネットワーク」ね。
イーサネット」は「LANで使われる『物』に関する決まり事」ですが、ここではLANそのものだと思って構いません。

例えば、ぴよぴよカンパニーの本社が東京にあるとしましょう。
どうでも良いことですが、ぴよぴよカンパニーの社長はピヨ太君です。

広域イーサネット

本社では社内ネットワーク(LAN)が組まれています。
社内ネットワークを通して、気軽にファイルを受け渡ししたり、社内システムを使ったりしています。

さて、実はぴよぴよカンパニーには北海道支店もあります。
やっぱりどうでも良いことですが、支店長はピヨ子さんです。

広域イーサネット2

北海道支店も社内ネットワーク(LAN)が組まれています。
社内ネットワークを通して、気軽にファイルを受け渡ししたり、社内システムを使ったりしています。

ただ、本社の社内ネットワーク(本社LAN)と北海道支店の社内ネットワーク(北海道支店LAN)は別のネットワークです。

そのため、本社LANに置いてあるファイルを北海道支店から見たり、北海道支店LANで使っている社内システムを本社から使ったりすることはできません。
これでは不便ですね。

そこでピヨ太君はISPさんにお願いして、本社LANと北海道支店LANをつないでもらいました。

広域イーサネット3

その結果、本社LANと北海道支店LANはあたかも一つのLANであるかのような気分で使えるようになったのです。
元々の本社LANに置いてあったファイルを北海道支店から見られるようになりましたし、逆に北海道LANで使っていた社内システムを本社から使うこともできるようになりました。

これが「広域イーサネット」です。

本社LANと北海道支店LANはかなり遠くにあります。
そのため、本社LANと北海道支店LANをつないでいるネットワークはWANであると言えるでしょう。
ちなみに「WAN」は「広い範囲に及ぶネットワーク」ね。

広域イーサネット4

ですが、ピヨ太君たち、使っている人たちからしたらどうでしょう。
元々の本社LANと北海道支店LANが合体した一つのLANですよね。

広域イーサネット5

このように離れているLAN同士をつないで一つの大きなLANのように扱えるサービス(の中の一つ)が「広域イーサネット」です。

LAN同士をつないでる線は、全然関係無い人は見ることはできません。専用線っぽい線でLAN同士をつなぐサービスです。
ですから、広域イーサネットはVPNの一種であると言えるでしょう。
広域イーサネットは「IP-VPN」と呼ばれるものと、よく比較されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「広域イーサネット」って単語が出てきたら「離れたところにあるLAN同士が合体して一つの大きなLANになってるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク