[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブリッジモード (bridge mode)

pointこの用語のポイント

pointルータの動作モードだよ

pointルータとしての機能を無効にして、スイッチングハブとして使うよ

point「ルータモード」じゃない方のモードだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブリッジモード (bridge mode)とは

ルータのルータとしての機能(交通整理機能)を無効にして使いますモードのこと。
転じて

ルータをスイッチングハブとして(無線LANルータの場合は無線LANアクセスポイントとして)使いますモードのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から見ていきましょう。

ルータは「ネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」ね。
ここでは単に「ネットワークの中継役」くらいの解釈で構いません。

スイッチングハブは「ネットワーク中のデータ(の中にあるMACアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」です。
こちらもやっぱり「LANケーブル用のテーブルタップ」くらいの解釈で構いません。

ついでに、ブリッジは「ネットワーク中のデータ(の中にあるMACアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」です。
厳密には違いますが、スイッチングハブと同じものだと思って構いません。

ここまでが予備知識です。

それでは本題のブリッジモードに行きましょう。

機種にもよりますが、ルータというのは、ルータとしての機能(交通整理機能)を無効にすることができるようになっています。
そして、ルータとしての機能を無効にしたルータは、スイッチングハブと(無線LANルータの場合は無線LANアクセスポイントと)同じような動きをします。

つまり、ルータをスイッチングハブとして(無線LANアクセスポイントとして)使うことができるわけです。

この

ルータのルータとしての機能を無効にして動かしますよ

なモードであり

スイッチングハブとして(あるいは無線LANアクセスポイントとして)動かしますよ

なモードが「ブリッジモード」です。
ルータをスイッチングハブや無線LANアクセスポイントとして使いたいときに設定します。

「ん?ルータをスイッチングハブとして使いたいってどんなときよ?スイッチングハブが使いたければスイッチングハブを買うよ」と思うかもしれませんね。

実際に例を挙げて見てみましょう。

例えば、あるところに、ルータを2台使ったネットワークがありました。
コンピュータが2台(PC1とPC2)ルータ1に接続され、ルータ1がルータ2に接続され、ルータ2からインターネットの世界に向けて線が伸びている構成です。

ブリッジモード

変な形ですが、実はこれはこれで問題ありません。
ネットワークとして普通に機能します。

ですが、見た感じ無駄がありますよね?
「別に2つもルータいらないじゃん。ややこしいなー」と感じます。

そうです。ややこしいのです。
うっかりミスの可能性が増えちゃいます。

例えば、このネットワークにもう1台のコンピュータ(PC3)を追加したとしましょう。

しかし、ここでうっかりミスが発生です。

ルータ1につなぐつもりが間違ってルータ2につなげちゃいました。

ブリッジモード2

そうすると、どうなると思いますか?

設定にもよりますが、インターネットはできます。
PC3からも、あんなホームページやこんなホームページを見ることができるでしょう。

ただし、PC1やPC2とは直接やり取りができません。
PC3はルータを通らないとPC1、PC2に会いに行けないですよね?
残念ながらPC1、PC2とPC3は違うネットワークにいるのです。

ブリッジモード3

そう考えると、ルータは2つもいらないですね。
よし、ルータ1を取っ払っちゃいましょう。

ブリッジモード4

これで万々歳……と言いたいところですが、困りました。
PC1とPC2の2台を使いたいのに線が1本しかありません。

1本の線を2本の線に増やしたいです。
確か、そんなときはスイッチングハブを使えば良いのでした。
スイッチングハブはLANケーブル用のテーブルタップです。
スイッチングハブをつければ1本の線を2本の線に増やせます。

ブリッジモード5

痛い出費だけど仕方ないか、スイッチングハブを買ってこよう……と思った方は、ちょっとお待ちください。

ここで登場するのがブリッジモードです。

ルータのモードをブリッジモードにすると、ルータのルータとしての機能(交通整理機能)が無効になります。
そうすると残るのはブリッジとしての機能です。
細かい理屈はすっ飛ばしますが、ルータがスイッチングハブとして(無線LANルータの場合は無線LANアクセスポイントとして)動くようになります。

ブリッジモード6

これで、いー感じになりますね。
PC1~PC3は、スイッチングハブ(っぽい動きをするルータ)でつながれているので、ひとつの同じネットワークにいることになります。
当たり前ですが、インターネットも使える状態です。

ブリッジモード7

めでたしめでたし。

これがブリッジモードの使い方です。
機器自体は使いたいけど、ルータとしては動かしたくない場合に設定します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブリッジモード」って単語が出てきたら「ルータをスイッチングハブとして(あるいは無線LANアクセスポイントとして)使うモードなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク