[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.hpp【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointC++のヘッダファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.hpp【拡張子】とは

C++のヘッダファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

C++は「C言語がパワーアップしたプログラミング言語」ね。
すごい大雑把に書くと、C言語にオブジェクト指向の概念とかを組み込んだプログラミング言語です。

ヘッダファイルは「(主にC言語系における)ソースコードの一部を別に分けたファイル」です。

.hpp

ソースコードは「人間語で書いたプログラムの元ネタ」だと思ってください。

.hpp2

ついでに書くと、ソースファイルは「プログラムの元ネタファイル」です。

.hpp3

ソースファイルとヘッダファイルが合体することで、最終的なプログラムの元ネタになります。

.hpp4

以上を踏まえて、C++のヘッダファイルによく付いている拡張子が「.hpp」です。

.hpp5

「hpp」の読み方については「エィチピーピー」と読む人がほとんどだと思います。
そのまんまアルファベット読みですね。
「hpp」自体には別に特別な意味はありません。

・C言語のソースファイルの拡張子:「.c
・C言語のヘッダファイルの拡張子:「.h
・C++のソースファイルの拡張子:「.cpp


なので、その流れに乗っただけでしょう。

拡張子「.hpp」のファイルは、そのままでは動きません。
拡張子「.cpp」のファイル(C++のソースファイル)と合体して、その後、コンピュータさんが分かる形に翻訳されてから動きます。

.hpp6

また、ファイルの中身は、テキストファイルです。
そのため、メモ帳などのテキストエディタで中を見たり編集したりできます……が、いろいろな機能のついた専用のソフトを使うことが多いです。

その気になればメモ帳で編集できますけどね。

他のファイルと連携したり、動作確認をするためにはコンパイル(コンピュータさんが分かる言葉への翻訳)したりする必要があるので、普通は専用のソフトを使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.hpp」って拡張子が付いていたら「C++のヘッダファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク