[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.h【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointC言語のヘッダファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.h【拡張子】とは

C言語のヘッダファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

C言語」は「世界的にちょー有名なプログラミング言語」ね。
昔からあって、覚えなくちゃいけないことも多いけど、その分いろいろなことができるプログラミング言語です。

ヘッダファイル」は「(主にC言語系における)ソースコードの一部を別に分けたファイル」です。

.h

「ソースコード」は「人間語で書いたプログラムの元ネタ」だと思ってください。

.h2

ついでに書くと「ソースファイル」は「プログラムの元ネタファイル」です。

.h3

そして、ソースファイルとヘッダファイルが合体することで、最終的なプログラムの元ネタになります。

.h4

前振りが長くなってしまいましたね。

今のお話で登場した、C言語のヘッダファイルによく付いている拡張子が「.h」です。

.h5

「h」の読み方については「エィチ」と読む人がほとんどだと思います。
そのまんまアルファベット読みですね。
むしろ「エィチ」以外の読み方ができるのであれば教えてもらいたいくらいです。

拡張子「.h」のファイルは、そのままでは動きません。
拡張子「.c」のファイル(C言語のソースファイル)と合体して、その後、コンピュータさんが分かる形に翻訳されてから動きます。

.h6

また、ファイルの中身は、テキストファイルです。
そのため、メモ帳などのテキストエディタで中を見たり編集したりできます……が、いろいろな機能のついた専用のソフトを使うことが多いです。

その気になればメモ帳で編集できますけどね。

他のファイルと連携したり、動作確認をするためにはコンパイル(コンピュータさんが分かる言葉への翻訳)したりする必要があるので、普通は専用のソフトを使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.h」って拡張子が付いていたら「C言語のヘッダファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク