[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.inc【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointインクルードファイルによく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.inc【拡張子】とは

インクルードファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「インクルードファイル」と「拡張子」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

インクルードファイルは「ソースコードの一部を抜き出して別に分けたファイル」です。

プログラムを作るときには、まず人間語で書いたプログラムの元ネタを用意します。

.inc

次に、元ネタをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳します。
コンピュータさんが分かる言葉に翻訳された元ネタが、実際に動くプログラムです。

.inc2

人間語で書いたプログラムの元ネタは「ソースコード」や「ソースファイル」と言います。
もう少し正確に説明すると、ファイルの中に書いてある内容が「ソースコード」です。
ソースコードが書いてあるファイルが「ソースファイル」です。
元ネタをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳する作業は「コンパイル」と言います。

.inc3

さて、ここでプログラムの元ネタファイル(ソースファイル)に注目してください。

.inc4

プログラムの元ネタは、すべての内容を1つのファイルにまとめて書くことができます。

ですが、それなりに複雑なプログラムを作る場合は、それだと不便です。
ずらずらずらっと長くなりますからね。
読むのも大変、直すのも大変、テストするのも大変でしょう。

そこで、ある程度以上の規模のプログラムでは、ソースファイルを分けて作ります。

.inc5

分けて作ったソースファイルは、コンパイルするときに合体させます。
具体的には、主となるファイルに対して、その他の部品ファイルを装着します。

.inc6

この話における、主となるソースファイルに装着される部品ファイルが「インクルードファイル」です。

.inc7

インクルード」には「含めるよ」的な意味があります。
主となるファイルに「含める」ファイルだから、インクルードファイルです。

以上がインクルードファイルの説明です。
次に「拡張子」について説明します。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.inc8

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.inc9

以上が拡張子の説明です。

ここまでを踏まえて、インクルードファイルに、よく付いている拡張子が「.inc」です。

.inc10

「inc」の読み方については「インク」とか「アイエヌシー」と読む人が多いと思います。
個人的には「インク」派です。
由来は、おそらく「include(インクルード)」でしょう。

一般的に、拡張子が「.inc」のファイルの中身はソースコード(の一部)です。
プログラミング言語で、わちゃわちゃと書かれています。

そのため、編集するときに使うソフトは、中身がどのプログラミング言語で書かれているかによって変わってきます。
ほとんどの場合はテキストファイル(中身が文字だけのファイル)なので、その気になればメモ帳などのテキストエディタで編集できますけどね。
そのプログラミング言語でプログラムを作るときに使うソフトを使って編集する方が、一般的です。

とはいえ、よく分からなければ、まずはメモ帳で開いてみてください。

.inc11

中身を見て、どんなプログラミング言語で書かれているか分かれば、しめたものです。
そのプログラミング言語でプログラムを作るときに使うソフトを使って、もしくは、そのままメモ帳上で編集できます。
どんなプログラミング言語で書かれているか分からなかったら、素直に諦めるのが吉です。

実は拡張子「.inc」は、人間様向けの目印だったりします。
その多くは、決まりではなく慣例で付けている拡張子です。

ぶっちゃけ、ほとんどのプログラミング言語では、インクルードファイルの拡張子を気にしません。
「.inc」だろうと「.txt」だろうと、それこそ「.tekitou」だろうと何でも良いのです。
誰でもウェルカムです。
逆に何でも良いからこそ、ファイル名をパッと見て「あぁ、これはインクルードファイルなのね」と分かるように「.inc」と付ける場合が多いようです。

使う人は、拡張子が「.inc」のファイルを見かけても、あまり気にする必要はありません。
「あ~、プログラムの中身の一部なんだな~」くらいの理解でOKです。

作る人は拡張子が「.inc」のファイルの扱いには、少しだけ気を付けてください。
Webシステムを作るときに使うスクリプト言語なプログラミング言語の場合、インクルードファイルの拡張子は「.inc」にしない方が無難です。

例えばPHPのインクルードファイルであれば

includefile.inc

ではなく

includefile.inc.php

にしてあげましょう。

設定にもよりますが、拡張子が「.inc」のファイルは、そのファイルのURLを直叩きすると、内容がそのまま表示されちゃいます。
中身のコードが、そのままブラウザ上に表示されちゃいます。
もしデータベースパスワードとかが書いてあったら泣くに泣けませんね。

そのような事態を避けるためにも、Web系のスクリプト言語では拡張子「.inc」を使うのは止めておいた方が良いと、個人的には思います。
実際にどうするかは個々人の判断ですが、作る側の人は意識しておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.inc」って拡張子が付いていたら「インクルードファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク