[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PPPoA

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointATMとPPPが合体した奴だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PPPoAとは

PPPoEのATM(Asynchronous Transfer Mode)版。
もう少し細かく書くと

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

ATM(Asynchronous Transfer Mode)上でPPPを使うためのお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言ってしまえば、ATMPPPを合体させたのが「PPPoA(ピーピーピーオーエー)」です。

Point to Point Protocol over ATM(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル・オーバー・エーティーエム)」の略で「PPPoA」……と言いたいところなのですが、RFC 2364という文書の中では「Point to Point Protocol over AAL5(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル・オーバー・エーエーエル5)」という名前で登場します。
まぁ「AAL5」自体が「ATM Adaptation Layer 5(エーティーエム・アダプテーション・レイヤー・5)」の略なので、最後の「A」は「ATM」でも「AAL5」でも問題ないと思いますけどね。

PPPoA

まずは予備知識から見ていきましょう。

PPPoEは「イーサネット上でPPPを使うためのお約束事」です。
Point to Point Protocol over Ethernet(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル・オーバー・イーサネット)」の略で「PPPoE」ね。

イーサネットは「LANに採用されている通信規格」です。
詳細は用語「イーサネット」の説明をご覧ください。

PPPは「あっちとこっちで通信するときのお約束事のひとつ」です。
詳細は用語「PPP」の説明をご覧ください。

ATMは「Asynchronous Transfer Mode」の省略表現で、通信する上でのお約束事のひとつです。
細かいことは気にしなくていいです。
「通信に関するお約束事である」というのと「現金自動預け払い機のATMとは違う」というのを覚えておいてください。

それでは本題のPPPoAの説明ですが、その前に質問です。

あなたはPPPoEについて理解していますか?

「PPPoEって何?よく分からないよ~」な人は、PPPoEのお勉強から始めてください。
PPPoEの理解がPPPoAを理解する上での助けになります。
必ずなります。
ですから、まずはPPPoEを理解してください。

「PPPoEなんて簡単さ。バッチリ分かってるぜ!」な人は、さすがですね。
それでは、あなたの理解しているPPPoEに登場する「イーサネット」を、すべて「ATM(Asynchronous Transfer Mode)」に置き換えてください。

それが、PPPoAです。

たまにPPPoEとPPPoAの違いで悩む人がいるようですが、別に難しく考える必要はありません。
どちらも「PPPをやったるぜ~」です。

では、どこでやるのか?

「イーサネット上でやったるぜー」がPPPoEです。
「ATM上でやったるぜー」がPPPoAです。

ただ、それだけの違いです。

よく分からなければ「苺食べたいぜ!」なときに苺大福を食べるか苺ショートを選ぶかの違いだとお考えください。

PPPoA2

そもそも、あなたが食べるのは大福(イーサネット)でしょうか?
それともショートケーキ(ATM)でしょうか?

PPPoA3

大福であれば、苺(PPP)を合体させることで苺大福(PPPoE)になります。

PPPoA4

ショートケーキであれば、苺を合体させることで苺ショート(PPPoA)になります。

PPPoA5

そんなイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PPPoA」って単語が出てきたら「ATMとPPPが合体したんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク