[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PPP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

point2点間で通信するためのお約束事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PPPとは

あっちとこっちで通信するときのお約束事のひとつ。
もう少し小難しく書くと

2点間で仮想的に専用の経路を確立し、データを送受信するための通信プロトコル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「通信プロトコルプロトコル)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

PPP

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコルプロトコル)」と言います。

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつで、ポイント(あっち)とポイント(こっち)で通信するためのお約束事のひとつが「PPP」です。
Point to Point Protocol(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル)」の略で「PPP」ね。

PPP2

PPPはOSI参照モデルデータリンク層にあたるプロトコルで、うんちゃらかんちゃら。
なんか小難しい説明ですが、要するに「PPPは直接つながっている機器と通信するときのお約束事に分類されますよ~」ということです。
「OSI参照モデル」は「国際標準化機構ってところが決めた通信機能の共通ルール」で「データリンク層」は「直接つながっている機器とのやり取りに関するあれこれ」、ついでに「プロトコル」は「お約束事」ね。

データリンク層には元々「SLIP(Serial Line Internet Protocol)」というお約束事があったのですが、こいつには色々と弱点がありました。
その弱点を何とかするために……かどうかは分かりませんが、とにかく登場したのがPPPです。

PPPは「リンク制御プロトコル(LCP - Link Control Protocol)」 と呼ばれるお約束事と「ネットワーク制御プロトコル(NCP - Network Control Protocol)」と呼ばれるお約束事を使用します。(LCPとNCPの詳細についてはそのうち書こうと思いますが、まだ書いていません。)
また他にも認証機能が付いていたり圧縮暗号化機能が付いていたりエラー検出機能が付いていたりと中々に便利なやつだったりします。

もともとPPPは電話回線を使った接続(ダイヤルアップ接続とかISDNとか)のために作られたお約束事でした。
ですが、いろいろと使い勝手が良いので「PPPoE」や「PPPoA」といった形で、他のところでも活躍しています。

PPPの細かい仕組みについては、専門的な説明をしているところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PPP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、2点間で通信するためのお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク