[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Thumbs.db

pointこの用語のポイント

pointサムネイル画像のキャッシュだよ

point別に消しちゃっても問題は無いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Thumbs.dbとは

サムネイル表示した画像のキャッシュ。
もう少し細かく書くと

エクスプローラ上で縮小表示した画像に関する情報が保存されているファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

サムネイル」は「実際にファイルを開かなくても中身が分かるように内容を縮小表示した画像」ね。
キャッシュ」は「よく使うデータを取り出しやすいところに準備しておく仕組み」です。
エクスプローラ」はこんな見た目のウィンドウですφ(--)

Thumbs.db

窓ボタン+eのキーで開きます。

Windowsを使う人は分かると思いますが、エクスプローラでは、画像ファイルを開かなくても内容を確認することができます。
例えばこんな感じで縮小画像を表示することができるのですφ(--)

Thumbs.db2

このとき表示されている小さい画像がサムネイルです。

エクスプローラでは画像のサムネイルを表示できる。これを覚えておいてください。

ここまでが予備知識です。
それでは本題の「Thumbs.db」について見ていきましょう。

先程、エクスプローラでは画像のサムネイルを表示できると言いました。
パソコンさんにとって、毎回ファイルの中身を確認してサムネイルを表示するのは結構大変です。
もしかしたら大変ではないかもしれませんが、面倒くさいのは確実でしょう。

Thumbs.db3

そこでパソコンさんは、横着して、一度開いたサムネイルの内容をこっそり覚えておきます。

そうすれば次からは、いちいちファイルの中身を見なくてもサムネイルを表示できますよね。楽ちんです。

Thumbs.db4

このときに使うカンペが「Thumbs.db」です。

Thumbs.db5

パソコンさんは一度表示したサムネイルの情報をこっそり「Thumbs.db」にメモっておきます。
そして次に表示するときは「Thumbs.db」を見ることで、横着(表示までの時間を短縮)するのです。

これが「Thumbs.db」の役割です。

では「Thumbs.db」を消しちゃうとどうなるでしょう?

答えは「パソコンさんがさぼれなくなる」です。ただそれだけ。

「Thumbs.db」が無いと、サムネイルを表示するときに横着できません。
いちいちファイルの中身を確認してサムネイルを表示する必要が出てきます。
「Thumbs.db」がある場合に比べて、ちょっとだけサムネイルの表示に時間が掛かるのです。

とはいえ、体感的にはあまり違いを感じません。
邪魔だったら遠慮なく消しちゃって良いですよ。

ちなみに、WindowsXPではそれぞれのフォルダ内に「Thumbs.db」が作成されますが、
Windows VistaやWindows 7では(Windows 8以降は未確認)

%LocalAppData%\Microsoft\Windows\Explorer

フォルダの中に

thumbcache_ほげほげ.db

という名前で作成されます。

「うっそだー。Windows 7だけど、画像があったフォルダにThumbs.dbが作成されたぜ!」という方は、ネットワーク越しに他のコンピュータの中を覗いていませんか?
ネットワークフォルダ(ネットワークを経由して覗いているフォルダ)の場合は、そのフォルダの中に「Thumbs.db」が作成されます。

「そもそも、Thumbs.dbが出来るのがウザいんだけど!」な場合は、設定を変えることで「Thumbs.db」を作らないようにすることも可能ですが、Windowsのバージョンによって設定方法が違います。
Windows 7を例に挙げると

1.スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に「gpedit.msc」と入力し、起動する

2.「ローカル グループ ポリシー エディター」が開くので、左のメニューっぽいところで「ローカル コンピューター ポリシー」→「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「エクスプローラー」を選択

3.右側の一覧の中から、気分に合わせて
 (1)「縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する」
 (2)「ネットワーク フォルダーで縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する」
 (3)「非表示の thumbs.db ファイルで縮小表示のキャッシュを無効にする」
 (4)「縮小表示の画像のキャッシュをオフにする」
 辺りをダブルクリックして有効にする

4.完了\(--)/


な手順で「Thumbs.db」を作らないようにできます。

 (3)「非表示の thumbs.db ファイルで縮小表示のキャッシュを無効にする」

は、あくまでネットワークフォルダに対する設定なので間違えないでくださいね。
ヘルプの説明にも、ちゃんと

このポリシー設定では、エクスプローラーで、ネットワーク フォルダーにある項目の縮小表示が、非表示の thumbs.db ファイルにキャッシュされるように構成することができます。

と書いてありますよ。

繰り返しになりますが「Thumbs.db」は「縮小表示画像のキャッシュ」です。
「そもそも縮小画像を表示しない」もしくは「縮小表示はするけどキャッシュしない」の対処を行えば「Thumbs.db」は作成されないってな理屈です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Thumbs.db」って単語が出てきたら「お試し表示した画像のキャッシュなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク