[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

複合参照【Excel】

pointこの用語のポイント

pointExcelで他のセルを参照するときのやり方だよ

point相対参照と絶対参照の合体版だよ

point「=$A1」や「=A$1」みたいに書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

複合参照【Excel】とは

Excelで他のセルを参照するときの指定の仕方の一つで、相対参照と絶対参照の合体版
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から見ていきましょう。

Excelさんでは、セルに他のセルの内容を表示することができます。

例えばB2セルの中身として

=A1

と書くと、B2セルにはA1セルの内容が表示されます。
これはB2セルからA1セルを見ているとも言えますよね。
このように他のセルを指定することを「参照」や「参照する」と言います。

次に、セルの指定は「列」と「行」の二つを指定することで一つのセルを特定します。
例えば「A1」は「A列の1行目のセル」を意味します。

最後に、参照先の指定方法には「相対参照」と「絶対参照」の二つがあります。
詳細はそれぞれの用語の解説をご覧いただきたいのですが、面倒くさがり屋さんのために簡単に書いておきますね。
相対参照は、自分のセルを基準に、そこからどれだけ移動するかで参照先を指定するやり方です。
「=A1」のような書き方をします。
絶対参照は、誰がいつどこで見ても、同じ場所を示すような参照先の指定方法です。
「=$A$1」のような書き方をします。

ここまでが予備知識です。

それでは複合参照について説明しましょう。

ズバリ!

列を相対参照で、行を絶対参照で指定

もしくは

列を絶対参照で、行を相対参照で指定

する、参照先の指定方法が「複合参照」です。
文字通り、相対参照と絶対参照を複合した指定の仕方です。

例えばB2セルにA1セルへの参照を書く例で考えてみましょう。

相対参照で指定すると

=A1

になります。
これは実際には、B2セルを基準にして「1つ左の1つ上を見ろよ!」な指定です。

複合参照

絶対参照で指定する場合は

=$A$1

です。
これは「A列の1行目を見ろ!」を意味します。

複合参照2

「列を相対参照で、行を絶対参照で指定」する複合参照で書くと

=A$1

になります。
この指定の意味するところは「1つ左の1行目を見ろよ!」です。

複合参照3

それではここで、セルをコピーしてみましょう。
「=A$1」と書かれたB2セルをC4セルにコピーしてみました。

複合参照4

そうすると中身が変わります。「=A$1」は「=B$1」に変身してしまうのです。

複合参照5

これはC4セルの一つ左の列(つまりB列)の1行目を指すようになるためです。

複合参照6

同じ理屈で「列を絶対参照で、行を相対参照で指定」する複合参照で書くと

=$A1

になります。
この指定の意味するところは「A列の1つ上を見ろよ!」です。

複合参照7

それではやっぱり、セルをコピーしてみましょう。
「=$A1」と書かれたB2セルをC4セルにコピーしてみました。

複合参照8

そうすると中身が変わります。「=$A1」は「=$A3」に変身してしまうのです。

複合参照9

これはA列のC4セルの一つ上の行(つまり3行目)を指すようになるためです。

複合参照10

このように、列と行のうち、どちらかを相対参照、どちらかを絶対参照で指定するやり方が複合参照です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「複合参照」って単語が出てきたら「相対参照と絶対参照の合体版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク