[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドルマーク

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「$」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドルマークとは

『$』のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows用のキーボードの場合ですが、Shiftキーを押しながら数字の「4」を押すと「$」が入力されますよね。
そいつがドルマークです。
コンピュータ関係では、正規表現や、プログラミング言語であるPHP、あとはExcelさんでよく見かけます。

ドルマーク

正規表現におけるドルマークは「~~で終わる」を意味する特別な文字です。
例えば

hoge$

と書いた場合「hoge」で終わる、つまり最後が「hoge」の文字列が抜き出されます。
例えば「hoge」や「ahoge」などですね。

PHPで登場するドルマークは変数を表す目印です。
「変数」はプログラミング言語における「値を入れておく箱」ね。

例えば

$hoge = 123;
$hoge2 = 234;
$hoge3 = $hoge + $hoge2;

print $hoge3;


のようなプログラムコードがあった場合

$hoge
$hoge2
$hoge3


の3つが変数になります。
コード自体は「hogeって箱に123を入れて、hoge2って箱に234を入れて、hoge3って箱にhogeの中身とhoge2の中身を足した値を入れて、hoge3の中身を表示しますよ~」な処理をするプログラムです。
このときのそれぞれの箱の名前にドルマークが付きます。

Excelで出てくるドルマークは絶対参照を表します。
「『絶対参照』って何?」な人もいると思うので、順番に説明しますね。

例えばExcelのセルB2に

=A1

と書いたとしましょう。

これは一見すると「A1セルの内容を表示してくださ~い」と書かれているように見えますが、実際には違います。
実は、B2セルを基準として「今いるところから1つ左の1つ上に移動したところにあるセルの中身を表示してくださ~い」な指定なのです。

ドルマーク2

そのため、B2セルの内容をC3セルにコピーすると、C3セルの中身は「=A1」……ではなく、

=B2

になります。

C3セルを基準として「今いるところから1つ左の1つ上に移動したところにあるセルの中身を表示してくださ~い」な指定になるからです。

ドルマーク3

このように、あるセルを基準として、そこから左右上下にどれだけ移動するかで位置を示すやり方を「相対参照」と言います。

それでは、そのものズバリ!A1セルを指定したいときはどうしましょうね。
他のセルにコピーしても必ずA1を示すようにしたい場合は

=$A$1

のように書きます。

このようにドルマークを付けて書くと、他のセルにコピーしても内容が変わりません。
「=$A$1」は「=$A$1」のままですし、どこのセルにあろうとA1セルを指します。

ドルマーク4

このような、そのものズバリ!どこから見ても同じ言い方で位置を示すやり方を「絶対参照」と言います。
そして、絶対参照で位置を指定するときには行や列の指定にドルマークを付けるのです。

それがExcelにおけるドルマークの使い方です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドルマーク」って単語が出てきたら「『$』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク