[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Asynchronous Transfer Mode

pointこの用語のポイント

point通信のやり方だよ

pointいろんな種類のデータを効率よく送るために作られたよ

point1本の回線を複数の仮想回線に分割するよ

point流すデータは全部53バイト(48バイトのデータ+5バイトのヘッダ情報)にぶった切るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Asynchronous Transfer Modeとは

いろんな種類のデータを効率よく送るために作られた通信のやり方
であり

通信する上でのお約束事のひとつで、1本の回線を複数の仮想回線に分割し、そこを流すデータは全部53バイト(48バイトのデータ+5バイトのヘッダ情報)にぶった切って送受信しますよ、なやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

あるところに道路が1本ありました。

Asynchronous Transfer Mode

これをまず、気分的に2本あることにします。

Asynchronous Transfer Mode2

次にそれぞれの道路を通して荷物を送ります。

Asynchronous Transfer Mode3

道路を通る荷物の大きさは全部同じです。

Asynchronous Transfer Mode4

そんな通信のやり方が「Asynchronous Transfer Mode(アシンクロナス・トランスファー・モード)」です。

Asynchronous Transfer Modeでは回線を通るデータの大きさは一律53バイト(48バイトのデータ+5バイトのヘッダ情報)です。
音楽だろうと画像だろうと関係ありません。
どんな種類のデータも一律48バイトに分割されて5バイト分のヘッダ情報がくっついて送られます。

メリットは、一つ一つの荷物が小さいことです。
さくさく詰め込めて、さくさく送れます。
小さければ梱包が楽ですし、運ぶのも楽ですよね。

あとは全部の荷物が同じ大きさで同じ形であることです。
大きさも形も同じなので、難しいことを考える必要がありません。
音楽だろうと画像だろうと、同じ機械で処理できます。

「一つ一つの荷物を小さくすれば運ぶの楽なんじゃね?」「同じ形の荷物にしちゃえば扱うの楽なんじゃね?」な思想なんでしょうね。

ちなみに、Asynchronous Transfer ModeはOSI参照モデルデータリンク層にあたるプロトコルで、うんちゃらかんちゃらです。

なんか小難しい説明ですが、要するに「Asynchronous Transfer Modeは直接つながっている機器と通信するときのお約束事に分類されますよ~」ということです。
「OSI参照モデル」は「国際標準化機構ってところが決めた通信機能の共通ルール」で「データリンク層」は「直接つながっている機器とのやり取りに関するあれこれ」、ついでに「プロトコル」は「お約束事」ね。

実際の仕組みは、もっといろいろ複雑です。
詳しく知りたい人は専門的な説明をしているところで情報を補完してください。

回線交換方式パケット交換方式の良いとこどりをしようとしてるとか、実際の通信のやり方とか、書くべきことはいろいろあります。
……が、ややこしい話になりそうなので止めておきます。

まずは

1.仮想回線を用いた非同期通信である
2.データは一律53バイトに分割されて送られる


の2つを覚えてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Asynchronous Transfer Mode」って単語が出てきたら「通信方式の一つなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク