[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サンライズ期間【ドメイン】

pointこの用語のポイント

pointドメイン名の先行販売期間だよ

point商標を持っている人が申請できる期間だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サンライズ期間【ドメイン】とは

サンライズ申請を受け付ける期間のこと。
要するに

新しいドメイン名に対して、商標権利者として優先的に登録をお願いできる期間のこと
であり、ざっくり書くと

ドメイン名の権利者向け先行販売期間
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として「ドメイン名」は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」ね。
基本的に1つのドメイン名を使えるのは一人だけです。だれかがそのドメイン名を既に使っていたら、あなたは使えません。

また「サンライズ申請」は「権利者が優先的にドメイン名を取得するための申請方法」です。
サンライズ申請の詳細は用語「サンライズ申請」の解説をご覧ください。
いちいち解説を見に行くのが面倒くさい人のためにざっくり書くと「俺、こんな商標を持ってるからさ~。このドメイン名は俺にくれよ」な申請方法がサンライズ申請です。

実はこのサンライズ申請、できる期間が決まっています。というか、あくまで「先行販売」なので、いずれ一般人に売りに出されます。一般に売られ始めたら優先もくそもありませんよね。
この一般に売り出される前のサンライズ申請ができる期間、つまり権利者向けの先行販売期間が「サンライズ期間」です。

サンライズ期間

イメージとしては骨董品のオークションをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。
私も参加したことが無いのであくまでイメージですが、普通のオークションが始まる前にお得意様だけ集めて良いお品を見てもらいますよね。
下々の者に煩わされず、ゆっくりと眺めることができます。その時間に近いイメージです。
下々の者(普通の人たち)より先にそのドメイン名を買うか買わないかを選べる期間なのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サンライズ期間」って単語が出てきたら「ドメイン名の権利者向け先行販売期間なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク