[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オクテット (octet)

pointこの用語のポイント

point8ビットのことだよ

point環境に依存せず、いつでも8ビットだよ

pointByteは環境によって7ビットになったり9ビットになったりするから生まれたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オクテット (octet)とは

0か1が入っている箱が8個ありますのこと。
もう少し小難しく書くと

8ビットのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

まずコンピュータの世界には0と1しかありません。

オクテット

0か1のどちらか、これを「ビット(bit)」と言います。
そして、このビットが8つ集まったもの、つまり8ビットをひとまとめにしたものが「オクテット」です。

「あれ?ビットが8つ集まったのはバイト(Byte)じゃないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。
確かにバイトも、一般的には8ビットを表す単位です。

ですが、必ずしも「1バイト=8ビット」とは限らないのです。
環境によっては「1バイト=7ビット」のときもあれば「1バイト=9ビット」の場合もあります。

なんかあやふやですね。

これでは完璧なる「8ビット」を表現したいときにちょっと困ります。

そこで出てきた……のかは分かりませんが、出てきたのがオクテットです。
オクテットは必ず8ビットです。雨が降ろうと槍が降ろうと1オクテットは8ビットと決まっています。

バイトとオクテットの違いは

バイト→普通は8ビットだよ
オクテット→必ず8ビットだよ


といったところでしょうかね。

ちなみに「オクテット」という名前は「オクトパス(タコ)」からきています。
きっと、足が8本だからでしょう

オクテット2

また「オクテット」という言葉は通信関係でよく登場します。
例えばIPv4IPアドレス

10進数表記:192.168.0.2
2進数表記:11000000.10101000.00000000.00000010

のように8ビットで区切って表現されます。
この区切られた部分を、左から順に「第1オクテット」「第2オクテット」「第3オクテット」「第4オクテット」と言ったりしますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オクテット」って単語が出てきたら「ビットが8つ集まったものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク