[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リミテッド・ブロードキャストアドレス (limited broadcast address)

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスだよ

pointそいつに送ると、自分が今いるネットワークのすべてのコンピュータに配ってくれるよ

point全部「1」(つまり「255.255.255.255」)だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リミテッド・ブロードキャストアドレス (limited broadcast address)とは

「今自分がいるネットワークにある全部のコンピュータ!」な指定のブロードキャストアドレス(みんなに配達してくれるアドレス)のこと。
もう少し噛み砕いて書くと

そこに送れば、自分が今いるネットワーク内のすべてのコンピュータにお届けしてくれるIPアドレス
であり、具体的には

2進数表記で全部「1」のIPアドレス(つまり「255.255.255.255」のこと)
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

リミテッド・ブロードキャストアドレス

IPアドレスには「どのネットワークの、どのコンピュータですよ~」という情報が書かれています。
「どのネットワークですよ~」の部分は「ネットワーク部」と呼ばれています。
「どのコンピュータですよ~」の部分は「ホスト部」です。

リミテッド・ブロードキャストアドレス2

ブロードキャストアドレスは「俺に送ってくれたら、みんなに配達しますよ」なアドレスです。
ブロードキャストアドレス宛にデータを送ると、そのネットワークにいるすべてのコンピュータに届けてくれます。

リミテッド・ブロードキャストアドレス3

ここまでが予備知識です。

それでは本題のリミテッド・ブロードキャストアドレスの説明に入りましょう。

ずばり!

2進数表記で全部「1」のIPアドレス、つまり「255.255.255.255」が「リミテッド・ブロードキャストアドレス」です。

リミテッド・ブロードキャストアドレス4

並べて書くと

2進数表記:11111111.11111111.11111111.11111111
10進数表記:255.255.255.255


となります。

リミテッド・ブロードキャストアドレスは「どのネットワークですよ~」も「どのコンピュータですよ~」も指定されていません。
自分が今いるネットワークのブロードキャストアドレス」を表す特別なIPアドレスです。
リミテッド・ブロードキャストアドレス宛に送られたデータは、今自分がいるネットワーク内のすべてのコンピュータに届きます。

リミテッド・ブロードキャストアドレス5

お届け先は、あくまで「今自分がいる」ネットワークです。
ルータを越えて他のネットワークに届けることは、できません。
ご注意ください。

他のネットワークに届けたい場合は「ディレクテッド・ブロードキャストアドレス」と呼ばれるブロードキャストアドレスを使います。
ディレクテッド・ブロードキャストアドレスの詳細は用語「ディレクテッド・ブロードキャストアドレス」の解説をご覧ください。

なお、リミテッド・ブロードキャストアドレスとディレクテッド・ブロードキャストアドレスの違いは以下の通りです。

■リミテッド・ブロードキャストアドレス
・全部「1」のIPアドレス(「255.255.255.255」のこと)
・自分が今いるネットワークに対するブロードキャストアドレス
・ルータ越えが制限されている

■ディレクテッド・ブロードキャストアドレス
・ホスト部が全部「1」のIPアドレス
・ネットワーク部で指定されたネットワークに対するブロードキャストアドレス
・ルータ越えが可能


自分が今どのネットワークにいるか分からないときはリミテッド・ブロードキャストアドレスを使い、自分が今どのネットワークにいるか分かるときはディレクテッド・ブロードキャストアドレスを使うのが一般的です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リミテッド・ブロードキャストアドレス」って単語が出てきたら「自分が今いるネットワークが対象のブロードキャストアドレスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク