[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クラスレスアドレッシング

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスの管理方式だよ

pointアドレスクラスを気にしないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クラスレスアドレッシングとは

「アドレスクラス?気にしない気にしない♪」なIPアドレスの管理方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

IPアドレス」は「ネットワーク上の住所」ね。
このIPアドレスには「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」という情報が書かれています。

クラスレスアドレッシング

そしてIPアドレスのどこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこまでが「どのコンピュータですよ~」な情報かは「サブネットマスク」と呼ばれるものを見ると分かるようになっています。

クラスレスアドレッシング2

また「アドレスクラス」は「すべてのIPアドレスはクラスA~Eのどれかに分類されちゃうよ~な考え方」です。
IPアドレスを見ればどのクラスか分かり、どのクラスか分かればどのサブネットマスクを使うべきかが分かるようになっています。

クラスレスアドレッシング3

このアドレスクラスの考え方に従ったIPアドレスの管理方式を「クラスフルアドレッシング」と言います。
クラスフルアドレッシングでは、IPアドレスだけ分かれば事足りる反面、ネットワークを柔軟に構築できないという弱点がありました。

このクラスフルアドレッシングの弱点を何とかするために出てきた考え方が「クラスレスアドレッシング」です。
クラスレスアドレッシングではアドレスクラスの考え方を使いません。CIDR(サイダー)と呼ばれる仕組みを使って、自由にサブネットマスクを設定して、より柔軟にネットワークを構築できます。

クラスレスアドレッシング4

詳細は「サブネット化」の説明をご覧いただきたいのですが、サブネットマスクの値を変えると、ネットワークの大きさや数が変わります。
それだけ柔軟にネットワークを構築できるということになるのです。

その反面、IPアドレスだけではなくサブネットマスクも伝える必要が出てきちゃいましたけどね。
クラスフルアドレッシングではIPアドレスからクラスが分かり、クラスが分かれば使うべきサブネットマスクの値も分かりました。IPアドレスだけ伝われば事足りたのです。

ですがクラスレスアドレッシングでは違います。
クラスレスアドレッシングではサブネットマスクの値を自由に決められます。
裏を返せば、どんなサブネットマスクを使うべきかは教えてもらわないと分からないのです。

そのためクラスレスアドレッシングではIPアドレスと一緒にサブネットマスクも表現します。
例えば

198.51.100.xxx/24

のような書き方をして、IPアドレスとサブネットマスクをお伝えするのです。
ちなみに「/24」の部分がサブネットマスクを表しています。そしてこのような書き方は「CIDR表記」と呼ばれます。

クラスレスアドレッシングとクラスフルアドレッシングの違いは、大雑把に書くと、以下の通りです。

■クラスレスアドレッシング
・柔軟だよ
・IPアドレスとサブネットマスクが分からないと困るよ

■クラスフルアドレッシング
・融通が利かないよ
・IPアドレスだけ分かればいーよ


クラスレスアドレッシングが考え方は柔軟だけど扱いが面倒くさい若い兄ちゃん、クラスフルアドレッシングが手は掛からないけど融通も効かない頑固じーさん、みたいなイメージですね。
現在の主流はクラスレスアドレッシングです。これからは若者の時代なのです。

クラスレスアドレッシングとクラスフルアドレッシングはセットで登場することが多いので、余裕があれば両方とも覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クラスレスアドレッシング」って単語が出てきたら「アドレスクラスを気にしないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク