[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ナチュラルマスク

pointこの用語のポイント

pointアドレスクラスの話で登場するよ

point各クラスに対して割り当てられているネットマスクだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ナチュラルマスクとは

アドレスクラスの概念において、各クラスに対して割り当てられているネットマスクのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

うん、何を言ってるのかよく分からないですね。
順番に見ていきましょう。

まず「IPアドレス」は「ネットワーク上の住所」です。
よく聞く説明ですね。

ナチュラルマスク

ネットマスク」は「IPアドレスのどこからどこまでが『どのネットワークですよ~』な情報で、どこからどこまでが『どのコンピュータですよ~』な情報かを示す情報」です。
IPアドレスには「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」という情報が書かれているのですが、どこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこかまでが「どのコンピュータですよ~」な情報なのかがネットマスクを見ると分かるのです。
ちなみにネットマスクは「サブネットマスク」とも呼ばれます。

ナチュラルマスク2

アドレスクラス」は「IPアドレスの分類方法の一つで、IPアドレスを2進数に直したときの最初の方を見て、クラスAからクラスEまで分類するやり方」です。
詳細は用語「アドレスクラス」の解説をご覧いただきたいのですが、簡単に説明すると「すべてのIPアドレスはクラスA~Eのどれかに分類されちゃうよ」な考え方です。

ナチュラルマスク3

実はこのアドレスクラスの考え方においては、クラスによって使用するネットマスクの値が決まっています。
例外もありますが、IPアドレスを見るとどのクラスか分かって、どのクラスか分かれば使用するネットマスクの値も分かるようになっているのです。
実際には、クラスAのIPアドレスでは「255.0.0.0」、クラスBのIPアドレスでは「255.255.0.0」、クラスCのIPアドレスでは「255.255.255.0」をネットマスクとして使います。

クラスネットマスク
クラスA255.0.0.0
クラスB255.255.0.0
クラスC255.255.255.0
クラスD-
クラスE-

このときの「255.0.0.0」と「255.255.0.0」と「255.255.255.0」、つまり「クラスで決まるネットマスク」が「ナチュラルマスク」です。

ナチュラルマスク4

ナチュラルクラスは「デフォルトマスク」とも呼ばれます。

アドレスクラスによる分類は今はあまり使われていないので、ナチュラルマスクという言葉が登場する機会も多くはないと思いますけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ナチュラルマスク」って単語が出てきたら「IPアドレスのクラス毎に決まっているネットマスクなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク