[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スーパーネット化

pointこの用語のポイント

pointサブネット化の逆だよ

point小さなネットワークを合体させて一つの大きなネットワークにすることだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スーパーネット化とは

小さなネットワークを合体させて一つの大きなネットワークにすること。
要するに

サブネット化の逆
です。

image piyo

詳しく書くよ

サブネット化」は「一つの大きなネットワークを小さいネットワークの集合体に分割すること」ね。
このサブネット化の逆、複数の小さなネットワークを合体させて一つの大きなネットワークを作ることを「スーパーネット化」と言います。

スーパーネット化

ぶっちゃけ「サブネット化」の説明を逆に読んでいってもらえば、何となくは理解できると思うのですが、一応書いていきますね。

例えば、10台のコンピュータで作った小さいネットワーク(サブネット)を10個合体させたネットワークがあったとします。

スーパーネット化2

この小さいネットワーク(サブネット)の垣根を取っ払って、100台のコンピュータがくっついた一つのネットワークにしました。

スーパーネット化3

このように小さな複数のネットワークを一つにまとめあげるのがスーパーネット化です。

それでは実際に例を挙げて見てみましょう。

例えばIPアドレスが「192.168.0.2」のコンピュータがあったとします。

スーパーネット化4

このIPアドレス「192.168.0.2」は10進数での表記ですが、これを2進数に書き直すと

11000000.10101000.00000000.00000010

になります。

IPアドレスというのは「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」というのが表現されています。IPアドレスの中に「どのネットワークですよ~」が書かれている部分と「どのコンピュータですよ~」が書かれている部分があるのです。
そして、IPアドレスのどこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこまでが「どのコンピュータですよ~」な情報かは「サブネットマスク」というもので決まります。サブネットマスクの「1」の部分が「どのネットワークですよ~」を表していて「0」の部分が「どのコンピュータですよ~」を表しているのです。

例えばサブネットマスクが

11111111.11111111.11111111.11110000

だとしたら、8桁区切りの前半3つと後半一つの半分が「どのネットワークですよ~」で、後半1つの残り半分が「どのコンピュータですよ~」を示しています。

IPアドレス「192.168.0.2」を2進数に直した

11000000.10101000.00000000.00000010

と比べてみましょう。

11000000.10101000.00000000.00000010
11111111.11111111.11111111.11110000

上がIPアドレスで下がサブネットマスクです。
サブネットマスクが「1」の部分が「どのネットワークですよ~」を表していて「0」の部分が「どのコンピュータですよ~」を表しているので

11000000.10101000.00000000.0000

の部分が「どのネットワークですよ~」を表している部分で

0010

の部分が「どのコンピュータですよ~」を表している部分だと分かります。
つまりIPアドレス「192.168.0.2」は「11000000.10101000.00000000.0000ネットワークの0010コンピュータですよ~」と言えるのです。

スーパーネット化5

同じようにIPアドレスが「192.168.0.100」のコンピュータについても見てみましょう。

スーパーネット化6

IPアドレス「192.168.0.100」を2進数に直すと

11000000.10101000.00000000.01100100

です。
サブネットマスクと並べると

11000000.10101000.00000000.01100100
11111111.11111111.11111111.11110000

になります。
比べてみると

11000000.10101000.00000000.0110

の部分が「どのネットワークですよ~」を表している部分で

0100

の部分が「どのコンピュータですよ~」を表している部分だと分かります。
つまりIPアドレス「192.168.0.100」は「11000000.10101000.00000000.0110ネットワークの0100コンピュータですよ~」と言えるのです。

スーパーネット化7

ネットワーク部分の数字が違うのでIPアドレス「192.168.0.2」のコンピュータと「192.168.0.100」のコンピュータは別のネットワークにあると言えます。
つまりネットワークが2つあることになりますね。

スーパーネット化8

ここでサブネットマスクを

11111111.11111111.11111111.11110000

から

11111111.11111111.11111111.00000000

に変えてみましょう。

この状態でIPアドレス「192.168.0.2」と比べてみます。

11000000.10101000.00000000.00000010
11111111.11111111.11111111.00000000

「どのネットワークですよ~」を表している部分は

11000000.10101000.00000000

で「どのコンピュータですよ~」を表している部分が

00000010

です。
つまりIPアドレス「192.168.0.2」は「11000000.10101000.00000000ネットワークの00000010コンピュータですよ~」と言えます。

スーパーネット化9

同じようにIPアドレス「192.168.0.100」の方は

11000000.10101000.00000000.01100100
11111111.11111111.11111111.00000000

です。
「どのネットワークですよ~」を表している部分が

11000000.10101000.00000000

で「どのコンピュータですよ~」を表している部分が

01100100

になります。
つまりIPアドレス「192.168.0.100」は「11000000.10101000.00000000ネットワークの01100100コンピュータですよ~」と言えますね。

スーパーネット化10

おやおや?

ネットワーク部分の数字が一緒になっちゃいましたね。
ということは、IPアドレス「192.168.0.2」のコンピュータと「192.168.0.100」のコンピュータは同じネットワークにあると言えます。

スーパーネット化11

あれ?ネットワークが減りました?

はい、減りました。

「11000000.10101000.00000000.0000」ネットワークと「11000000.10101000.00000000.0110」ネットワークが合体して「11000000.10101000.00000000」ネットワークになったのです。

これがスーパーネット化の実例です。
複数のネットワークを合体して一つのネットワークにします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スーパーネット化」って単語が出てきたら「ネットワークをまとめることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク