[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネット一時ファイル

pointこの用語のポイント

point前に表示したホームページの内容だよ

pointパソコンの中にこっそり保存されているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネット一時ファイル とは

パソコンさんは前に表示したホームページの内容をこっそりファイルとして隠し持っているのですが、その隠し持っているファイル(前に表示したホームページの内容)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンの中に保存されている、前に表示したホームページの内容ファイルが「インターネット一時ファイル」です。
インターネット一時ファイルは「キャッシュ」とも呼ばれます。

まずはインターネットの仕組みから見ていきましょう。

インターネットをするときは、まずは人間様がパソコンさんに「あのホームページが見たいよ~」とお願いをします。

インターネット一時ファイル

次にパソコンさんは、そのホームページのあるサーバさんに「このファイルをちょうだ~い」とお願いします。

インターネット一時ファイル2

サーバさんは頂戴と言われたファイルを持っていればそれを返してあげます。

インターネット一時ファイル3

パソコンさんは受け取ったファイルを画面に表示します。
それと同時に、自分の中にこっそり溜め込みます。

インターネット一時ファイル4

さて、次に人間様は、また同じページを見たがったとしましょう。

インターネット一時ファイル5

このとき、パソコンさんが横着するとサーバさんに「このファイルをちょうだ~い」とお願いをしません。

インターネット一時ファイル6

では、どうするか?

自分が溜めこんでいるファイルの中から、該当するファイルを表示します。
「ちっ、またそのページを表示するのかよ~。ど~せ中身変わってないでしょ。だったらわざわざ取ってこなくてもいーや。この前パクっておいたのを表示しちゃえ~」と横着するのです。

インターネット一時ファイル7

このようにしてパソコンさんがこっそり隠し持っていたファイルを表示している状態を「キャッシュが表示されている」と言います。
また、このときに表示される、パソコンさんが隠し持っていたファイルが「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」です。

インターネット一時ファイルを表示することでパソコンさんは楽をします。わざわざサーバさんからファイルを貰ってくる手間が省けます。
これによって、ホームページの表示がちょっとだけ早くなるのです。
これがインターネット一時ファイルを使うことによるメリットです。

一方で、デメリットもあります。
ホームページの実際の内容とインターネット一時ファイルの関係は「同じ内容」もしくは「インターネット一時ファイルの方が古い内容」です。
「インターネット一時ファイルの方が古い内容」だった場合、実際のホームページの内容と、あなたが見ている内容に差が出ちゃいますよね。
「あれ?更新したはずなのに反映されていないよ?」な場合に「キャッシュを削除してください」とか言われるときがありますが、それが理由です。
「あなたが見ている内容はパソコンに保存されているファイルで情報が古いから消しちゃって新しい内容を改めて取ってきてよ」と言われているのです。

Webブラウザさん(ホームページを見るときに使うソフト)はインターネット一時ファイルが古くないかを定期的に確認してくれます。
古ければそのファイルを新しい内容で書き換えてくれるのです。
どれくらいの頻度で確認するかはWebブラウザの設定で調整してください。

ちなみにインターネット一時ファイルを消して良いか悩む人がいるようですが、消したければ消して構いません。
インターネット一時ファイルが無い場合は、サーバさんに「ファイルちょうだ~い」とお願いに行くだけです。
インターネット一時ファイルがあるときよりホームページを表示するのがちょっと遅くなるかもしれませんが、気になるほどではないと思いますし、一度ホームページを表示させれば再度保存されます。
要するに、パソコンさんがサボれるチャンスをちょっと逃すだけなので、遠慮なく消しちゃってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネット一時ファイル」って単語が出てきたら「パソコンの中に保存されている、前に表示したホームページの内容なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク