[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IPマスカレード

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスを変換する技術だよ

pointグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを紐付けて変換するよ

pointポート番号を利用することで、1つのグローバルIPアドレスと複数のプライベートIPアドレスを紐付けられるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IPマスカレードとは

「NAPT」のこと。
つまり

ポート番号を利用することで、1つのグローバルIPアドレスと複数のプライベートIPアドレスを紐付けて変換する技術
です。

image piyo

詳しく書くよ

NAPTは「1つのグローバルIPアドレスと複数のプライベートIPアドレスを紐付けて変換する技術」ね。
詳細は用語「NAPT」の説明を、ご覧ください。

このNAPTの別名が「IPマスカレード」です。
もしくは「NAPTという概念を実装した物のひとつ」が「IPマスカレード」です。

IPマスカレード

実際の仕組みについては用語「NAPT」の解説をご覧ください。

何故「NAPT」と「IPマスカレード」という2つの呼び方があるのでしょうかね。
どっちか一つで良いじゃん。そう思う人もいるでしょう。

実は「NAPT」という呼び名は「RFC 2663」で登場します。
RFC」はインターネット関連の技術に関する仕様をまとめた文書ね。
RFC 2663は「RFCシリーズの2663番目の文書」くらいのイメージでお考えください。

このRFC 2663で登場するNAPTの仕組みが、Linuxでは「IPマスカレード」という名前で実装されているのです。

どちらかと言えば「LinuxでIPマスカレードと呼ばれていた仕組みをRFCで定義したらNAPTという名前になった」と言った方が正確かもしれませんが、細かいところは気にしないでください。とにかく、RFCで「NAPT」と呼ばれている奴はLinuxで言う「IPマスカレード」なのです。
そしてRFCで説明している「NAPT」は「こんな技術ですよ~」という概念的なものですが、Linuxの「IPマスカレード」は実際に動く仕組みとして実装されています。
そのため「IPマスカレードとNAPTは同じもの」という説明や「IPマスカレードはNAPTの実装の一つ」という説明になるのです。
厳密には「NAPTの仕組みをLinux上で実装した物がIPマスカレード」と言えるのでしょうが、あまり使い分けはされていません。
NAPTもIPマスカレードも仕組みや概念は同じですからね。同じ物として扱われることがほとんどです。

これが、2つの呼び名がありつつ「NAPT(IPマスカレード)」のように一緒くたにして書かれていることが多い理由です。

「なんか小難しくてよく分からん」という人のために、もう少し適当な説明も載せておきますね。

あるとき、ピヨ太くんは、新食感の美味しいお菓子「ぴよぴよ焼き」を開発しました。
「ぴよぴよ焼き」はその食感が若い女性にウケて、一気に大人気商品になりました。

これを誰かに真似されてはたまりません。
ピヨ太くんは「ぴよぴよ焼き」のレシピで特許を取ることにしました。

しかし何故かピヨ太くんは「ぴよぴよ焼き」のレシピを「ピヨ太焼き」の名前で登録しちゃったのです。

そうするとどうでしょうか?

名前以外は一緒です。
「ぴよぴよ焼きとピヨ太焼きは同じもの」と言って構わないでしょう。

一方で「ピヨ太焼き」の方はレシピです。実際のお菓子は「ぴよぴよ焼き」として売っています。
そう捉えると「ピヨ太焼きを実際に作ったのがぴよぴよ焼き」と言ってもおかしくはないですよね。

このお話の「ピヨ太焼き」が「NAPT」で「ぴよぴよ焼き」が「IPマスカレード」に相当します。

ぶっちゃけ「ピヨ太焼き」だろうと「ぴよぴよ焼き」だろうとどっちでも良いですよね。
それと同じ理屈で「NAPT」だろうと「IPマスカレード」だろうと大して変わらないのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IPマスカレード」って単語が出てきたら「1つのグローバルIPアドレスを複数台のコンピュータで使ってインターネットするための技術なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク