[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.shtml【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointSSI付きのHTMLファイルによく付くよ

point最近じゃあまり見かけないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.shtml【拡張子】とは

SSI付きのHTMLファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

HTML
HTMLファイル
SSI
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

HTMLは「ホームページファイルの書き方ルール」です。
専門用語で「マークアップ言語」と呼ばれるやつです。

HTMLファイルは「HTMLのルールに従って書かれたテキストファイル(中身が文字だけのファイル)」です。
よく分からない人は「ホームページのファイル」と解釈してください。

SSIは「HTMLファイルに埋め込めるプログラム」です。
HTMLファイルの中に書き込む形で、何か処理をさせられます。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.shtml

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.shtml2

以上を踏まえて、SSIが埋め込まれているHTMLファイルに付く拡張子が「.shtml」です。
「ssi+html」で「shtml」ですね。

.shtml3

「shtml」の読み方については「エスエィチティーエムエル」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.shtml」のファイルは、中にSSIが埋め込まれているとはいえ、HTMLファイル(ホームページのファイル)です。
ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)で見られますし、メモ帳とかで編集できます。
基本的な扱い方は、拡張子が「.html」のファイルと同じです。

最近はSSI自体が、あまり使われていません。
それに伴い、拡張子が「.shtml」を見かける機会は多くないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.shtml」って拡張子が付いていたら「プログラム付きのホームページのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク