[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.xht【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointXHTMLファイルに、たまに付くよ

point実際にはXHTMLファイルでも「.html」を使う場合が多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.xht【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

XHTMLファイルにたまに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

HTML
HTMLファイル
XML
XMLファイル
XHTML
XHTMLファイル
拡張子


について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

HTMLは「ホームページファイルの書き方ルール」です。
専門用語で「マークアップ言語」と呼ばれるやつです。

HTMLファイルは「HTMLのルールに従って書かれたテキストファイル(中身が文字だけのファイル)」です。
よく分からない人は「ホームページのファイル」と解釈してください。

XMLは「ファイルの書き方ルールのひとつ」です。
XMLも専門用語で「マークアップ言語」と呼ばれるやつです。
HTMLの親戚みたいなものだと思ってください。

XMLファイルは「XMLのルールに従って書かれたテキストファイル」です。
「XMLのルールに従っている」とは言っても、ただのテキストファイルです。
怯える必要はありません。
Windows付属のメモ帳とかで中を見られます。

XMLファイルの中身は、例えば以下のようになっています。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" ?>
<staff>
    <member>
        <name>ピヨ太</name>
        <position>社長</position>
        <age>30代のおっさん</age>
    </member>
    <member>
        <name>ピヨ子</name>
        <position>営業部長</position>
        <age>永遠の美少女</age>
    </member>
</staff>


ごちゃごちゃ目印っぽいのが付いていますけど、文字は文字ですよね?

XHTMLは「HTMLとXMLの良いところを混ぜ合わせて作られた、ホームページを作るときに使うマークアップ言語」です。
XMLとHTMLが合体したものだと思ってください。

.xht

XHTMLファイルは「XHTMLのルールに従って書かれたテキストファイル」です。
よく分からない人は「ホームページのファイル」と解釈してください。
HTMLファイルやXMLファイルの親戚です。

.xht2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.xht3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.xht4

以上を踏まえて、XHTMLファイルに、たまに付いている拡張子が「.xht」です。

.xht5

「xht」の読み方については「エックスエィチティー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

それ以外の部分は拡張子「.xhtml」と同じです。
簡単にまとめると

Webブラウザで見ることができる
メモ帳とかで編集できる
・普通は「.html」か「.htm」を付けるので、あまり登場しない


といったところですね。

元々、拡張子は「アルファベット3文字で付ける」という慣例がありました。
そのため「.xhtml」の3文字バージョンとして「.xht」があるのです。
ただ、それだけです。
「『.xhtml』と『.xht』は何が違うの?」な疑問は抱いてはいけません。
拡張子が違う以外は、すべて同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.xht」って拡張子が付いていたら「ホームページのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク