[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

XHTML

pointこの用語のポイント

pointマークアップ言語だよ

pointホームページを作るときに使うよ

pointHTMLとXMLの良いところを混ぜ合わせて作られたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

XHTMLとは

XMLっぽいHTMLの親戚。
もう少しきちんと書くと

HTMLとXMLの良いところを混ぜ合わせて作られた、ホームページを作るときに使うマークアップ言語
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

HTML」は「マークアップ言語のひとつでホームページを作るときに使う言語」ね。
「マークアップ言語」は「タグで囲むことで構造を表現する言語」です。

XML」は「マークアップ言語のひとつでHTMLの親戚みたいなもの」です。
XMLの方がHTMLよりルールが厳格な代わりに、やれることが多いとお考えください。
HTMLはほぼホームページ専用ですが、XMLはホームページ以外にもいろいろ使えます。

それでは本題のXHTMLですが「HTMLをXML準拠にした奴」が「XHTML」です。
語源は「eXtensible HyperText Markup Language」で「XHTML」ね。
今まで比較的自由奔放に生きていたHTML君が「もうちょっとXMLおじさんみたいにきちんとしなさい!」と言われて生まれたのがXHTMLだとお考えください。

XHTML

XHTMLとHTMLは似ています。そのせいでXHTMLとHTMLの違いが分かりにくいかもしれませんね。
XHTMLとHTMLの違いは「ルールの厳密さ」だとお考えください。
HTMLと使い道は同じだし書き方も似ているけど書くときのルールがちょっと厳しくなったのがXHTMLです。
XHTMLの方がちょっとだけHTMLより堅苦しいのです。

「え~、それって逆に不便じゃね?」と思うかもしれませんが、良いこともあります。
ルールが厳密ということは、それだけきちんとしているということです。
例えばXHTMLで書かれたページをプログラムで解析したりするのが楽になりますよ。

とは言え、XHTMLのファイルを表示するのは、自由奔放なHTMLさんに対応してきたWebブラウザさんですからね。
ぶっちゃけ、ルールがきちんと守られていなくても何となく表示してくれるのが実情です。
そのせいでXHTMLとHTMLの違いが更に分かりにくくなっているのだと思います。

ちなみに2014年3月現在、ホームページを作るときの主流は「HTML5」です。「HTML4.01→XHTML1.1→HTML5」と移り変わってきました。
一時期「HTMLなんてもう時代遅れだよ、これからはXHTMLの時代さ」みたいに言う人も出てきましたが、またHTMLが持てはやされていますし、将来はどうなるか分かりません。
「じゃあHTMLとXHTMLのどっちを勉強すれば良いんだよ?」と思うかもしれませんが、どちらでも構わないです。
似たようなものなので、どちらかを学べばもう一方も何となく分かるようになりますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「XHTML」って単語が出てきたら「XMLっぽいHTMLなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク