[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.php【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointPHPファイルによく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.php【拡張子】とは

PHPのファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

PHP
ソースファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

PHPは「Web系のプログラムを作るときに、よく使われるプログラミング言語」です。

ソースファイルは「プログラムの元ネタが書かれているファイル」です。
こいつをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳することで、実際のプログラムになります。

.php

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.php2

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.php3

以上を踏まえて、PHPのファイルに、よく付いている拡張子が「.php」です。

.php4

「php」の読み方については「ピーエィチピー」と読む人が多いと思います。
そのまんまアルファベット読み……ではあるのですがが、プログラミング言語の方のPHPもそのまま「ピーエィチピー」と呼ぶので、プログラミング言語の名前読みと考えてもかまいません。
他の読み方は多分ないと思います。
私は「ピーエィチピー」以外の読み方をする人に会ったことがありません。

例外もありますが、拡張子が「.php」のファイルは、Webサーバホームページのファイルが置いてあるコンピュータ)上でえっちらおっちらと動きます。
たまに、ホームページの住所(URL)が

http://ほげほげ/hoge.html

ではなく

http://ほげほげ/hoge.php

になっているホームページがありますよね。
あれはPHPファイルさんがお仕事をしています。

拡張子が「.php」のファイルは、実際には、ただのテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
メモ帳などのテキストエディタで、中を見たり編集したりできます。

.php5

編集が便利なように、いろいろな機能のついた専用のソフトもありますけどね。
その気になれば、メモ帳で編集できますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.php」って拡張子が付いていたら「PHPファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク